FC2ブログ

✳︎お願い✳︎

自閉症スペクトラムに関して学び始めてまだ数年しか経っていませんが、 日々色々な発見等があります。記事中には個人的見解も多く含まれ他の方には当てはまらない部分も多いかと思います。しかし、私個人としてはなるべく偏見を持たず大切な友とより良いコミュニケーションを目指しています。 但し、一人で悩み考えているのは時には非常に辛く、同じ経験をされている方、当事者の方達と情報交換等が出来れば嬉しいです。 最近は、残念ながら私自身がカサンドラ症候群の症状に悩み始めています。 記事に対してのコメント(非公開も有り)、メールフォーム等でお気軽に声をかけて頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。*障害等に対する誹謗中傷等、宣伝・勧誘等はご遠慮願います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「間に合わなかった...」という気持ちが一番強い


東京も一気に冷え込んできて...
周りには風邪ひきが結構います。

皆さんは、風邪などひかれていませんか!?


私も少し喉が痛かったりする時があるけれど、
その度に出来るだけ早めに対処して、
何とか悪化させずに済んでいます。




時が少しずつ経ち...


辛い事があったりした時には、
時の流れに任せるのが一番なのはわかっているけれど、
気持ちが癒えるっていう段階ではまだないのが現実!?


「間に合わなかった...」


という気持ちが一番大きいかな...


そこには自分が何かをやろうとして、
それを成し遂げられなかった悔しさ、残念さもあるが、
それよりも、"Vがどうなるか...!?"
そっちの方がかなり気になってしまって仕方がない。
それは、もう大きなお節介でしかないのかも知れないけど。


あれから...
改めて、

「アスピーガールの心と体を守る性のルール」


という本を読み返してみた。


ナカリママさんに
"ムゥさんは、この本の中のサポーターの様な..." 
と言って頂き...
   ↑
(名前を出してしまって問題あればご一報お願いします)


私が今まで何を一番気にしていたか...!?
何を恐れていたか!?


この本にほぼ全て書かれてある事だった。


そして、私は...


サポーターには...なれなかったんだな。
"サポーター見習い"ではあったけれど、
Vからは、全くサポーターとしては認識されていなかっただろうし、
もちろん、私自身にその力量が無かったのだと思う。


サポーターにふさわしいと言われる項目...


それを私自身がクリアしているかどうか!?
という問題以前に


"V自身がサポーターを必要としていない..."
"サポーターとは何か理解していない"
"自分の状況、状態を把握出来ていない"
"自分自身の特性を認めていない!?認めたくない!?"



そういう状況であれば、
私がどんなに頑張って努力した所で、


"いつもいちいち何か文句を言って来る奴"
"友達ではあるけれど、超面倒くさい..."



きっと、その程度でしかないと思う。


それは、どんなにVが


"感謝している、大事に思っている..."


と言ったとしてもね。



言葉として知っていても、本当の意味、
そして、その言葉に真実味を持たせるためには、
しっかりと自分で行動する必要がある事も理解していない。


私もこの4年間で...


それすら理解してもらえる様に仕向けられなかった。
専門家でもない人間が無謀だったって事かな...!?



どうもVは...


昨日から出張に出た様だ。
現地に到着した夜に散歩に出て、
その出先で等身大の銅像の肩に頭を乗せ
夜景を眺めている後ろ姿をアップしていた。


ま、恋をしているんでしょうね...(爆


人を愛し、愛されていると...
それで心が癒されたり、
今、Vが幸せな気持ちに浸っているのは
決して悪い事ではないと思いたいのだが...


出張が終わり、帰国して...
彼女の自宅が出た時と何も変わらないであって欲しい。


でも、やっぱり不用心極まりない。


ここでつくづく思うのは...


"療育の大切さ"



家族、親戚等...同じ特性を持ち、
子供が生まれた時には、その特性に医師が気づき、
子供に療育を一時受けさせてはいたけれど...


(ずっと、母親である彼女の存在も認識していなかった模様)


V自身は、子供がASDである事を
どうしても受け入れたくなかったのか...
別の機関に行ったのか!?自分で勝手に決めたのか...!?


"うちの子はASDではない事がわかった"
"だから、もう療育の必要も無いから止めさせた"



よく、子供が診断されて親である本人も...
というケースを聞いたりするが、
もう少し頑張って子供に療育を受けさせていれば、
もしかしたら本人の事もわかって、
何らかのサポートを受けられるチャンスがあったかも知れない。


でも、家族全員が同じ特性、
そして、従兄弟達も...


学校は普通学級の途中から素質を買われて
美術系育成学校に転校してしまっているので、
その美術系学校では、独自性と見られていたかも!?


だから、以前にも書いたけれども...
もうすぐ30歳を迎えるというのに、
言動、行動共に15歳〜17歳位!?
時と場合によっては、10歳位に低下している時も伺えた。


彼女の両親でさえ、彼女が実際に抱えている問題、
そして、どういう危険性があるか理解していない。
前回の婚姻生活の経験が彼女にどれだけ
ダメージを与えたかどうかも...


彼女の母親は、前夫を非常に嫌い、憤慨している。
結果として、Vが全ての財産を彼に奪われ、
彼が子供の父親らしい事を何1つしなかった事を...


そんなに憤慨する位なら、なぜ離婚調停の時に
自ら立ち会う事も無く、弁護士も誰も付き添わせなかったのか!?


ただ、


"その必要性に誰も気付けないから..."


調停の時に、相手から非難され続け、
質問攻めにされ、見ず知らずの裁判官や他人の中で...
想像しただけでも恐ろし過ぎる。


毎日、Vが職場に出勤する時には、
精神的にも、身体的にもボロボロで
誰も声をかけられなかったとか...


そんな酷い状態でVがいても、
誰も声をかけなかったって!?



声はかけたかも知れないけど、
結局、Vにとって有益なアドバイスをしてくれた人は
誰1人いなかったって事...


Vが親友と思っている、学校時代からの一番付き合いが長い
人たちでさえ...


って言うか、SNSでその人達がアップしている画像とかを見ると、
的確なアドバイスなどをその人達から期待は出来ないだろうな...
という感じ。


ここで誤解の無い様に...


私は決して誰かを見下したいわけでもありません。
表現がそういう感じになっていたらすみません。


もちろん、人にはそれぞれ自分が属するのに心地良いレベルの
コミュニティーみたいなものがあるのも知っている。


同じ趣味、生活レベル、仕事など、
何か共通するものがあったりとか...


"類は友を呼ぶ"という様にね。


やはり、自分の周りには同系列、同類、
自分に似た様な人達が集まって来るっていうのはあると思う。


で、少しでも自分の現状を向上させたいと感じたり、
何か大きな目標を持ったりすると、
その時点で自分がいるレベル階層よりも上を見始める。
それが高過ぎても現実味は薄れるし、
実現するのもかなり困難になるが...


もちろん、人を上下に見る事自体どうか!?
って話もあるけどね...


でも、他人を下に見なくても、
お金を借りて返さない人とか、
騙し、盗み、暴力を振るう人とは
関わらない方が自分の為であるのは間違いない。

Vは、人一倍そういう輩と接触しない方が良いはずなのだが、
残念ながら、周りは不誠実としか見えない輩が多い。


それはなぜか!?


残念ながら、V自身も、彼女の両親も兄弟も、
従兄弟や友達も、その人物は信頼するに値するか!?
それを見分けるフィルターを持つ合わせている人がいない。
仮に持っていたとしても、正しく見る為の方法を知らないか、
或いはフィルター自体が上手く働かない可能性が高い。


それでも、彼女の両親は、時代が時代、
仕事も研究職だったから、そんなに多くの人と接する
必要も無かったし、インターネットで不特定多数と
接する危険性も無かったから...


今じゃ、Vは...


SNSのほとんどを公開して、
子供画像もアップしてしまっている。


以前は、子供の画像の公開だけは止めておけと言って、
それを守ってはいたけれど...


そして、友達が一気に数千人に増えた。


理由は、自分の作品をより多くの人に知ってもらう為。


自分の作品の宣伝に子供の画像は必要無くね!?



とにかく...



私自身は、もう何も成す術が無く...


ただ、心配だけってのもしんどい。
V自身は、何も聞く耳持たずだし、
多分、私自身がVにとって

"かつていた昔の友達"


くらいの存在でしかないだろうし、
完璧に忘れてしまってはいないだろうけど、
今は、特別思い出す事も無いだろうし、
逆に連絡する必要性すら何も感じていないだろう。


風の便りで嫌なニュースを聞くのも嫌だし、
私自身もほとほと疲れたし...


V自身が自分の特性を知り、
難しいけど、何とか頑張って...とか、
なかなか上手く出来ないけど
それでも大事な友達だから...

とか、そういうのが少しでも伝わってくるなら...


とも、思うんだが...


確かに、向こうへ行くって言った時に


既に男性と同居し始めている所へ
私を招き入れる事を...


"ムゥにとって、それが居心地良いかどうかわからないけど..."


完璧に断る事をしなかったのは、
Vの中では大事にしているつもりなんだろうな!?


Vが現在一緒に住みたいと思うほど大切な男性が...


本当に信頼するに値するかどうか!?


ま、私はこのご時世で名前も職業も出身も何もわからず、
短時間でVの元に転がり込み、興味あるのはフィットネスで
自分の筋肉を鍛えるのと、スポーツカーと派手な金髪の女性達。
彼の仲間も皆同じ...


そして、Vにもその中にフィットする様に服装とか...


そして、V自身が最近色々な有名人をどんどんフォーロー
し始めているんだけど、そのほぼ全てが
かなりど派手で...と言った具合。


なんだかものすごくネガティブな話になってしまって...


こういう話している自分も悲しい。


だけど、子供がいて...30代に突入する頃に
派手派手芸能人を真似して...って、


いや、そこに価値観を見出している人もいるだろうし、
人の好みを...とも思うけど、
でも、本当にそういうのをVが望んでいるのか!?

半分は、相手に流されている、
ある部分では、よくわかっていない。
そう、V自身が自分が何者かわからないのだから、
どうしようにもないのかも知れない。


正直言ってしまえば...


私も何も知りたくないし、
気にしたくないってのが本音。
ブロックするなり、削除してしまおうかと...


かなりそういう考えに傾いている。



状況等をどんなに冷静に見て考えても、
ヘビー過ぎるんでね。




今は...マジで相当キツイ。



ここで皆さんにお願いがあります。
どうか,,,
皆さんのお考えをお聞かせ下さい!!!
お話をして下さい!!!


そうして頂けるのが一番今は助かります。
とても重い内容なんですが...
だからこそ、お話して頂ける事がとても大切なんです。

よろしくお願いしますm(_ _)m






それでは良かったらご意見や感想、アドバイス等コメント欄に頂けたら
とても嬉しいです。よろしくお願いします!!


*情報交換・交流を広げる為にもブログランキングへワンクリックをお願いします!*
↓   ↓


カサンドラ症候群 ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ カサンドラ症候群へ
にほんブログ村


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

Comment

Secre

プロフィール

ムゥ

Author:ムゥ
自分にとってとても大切な人、友人。知り合った時には気づかなかったけど、彼女は自閉症スペクトラムの傾向が強く...親しくなるにつれて苦悩の日々が続く様に。毎日試行錯誤を続けています。一人で悩むのもかなり辛く色々と情報交換等が出来たら嬉しいです。よろしくお願いします。

*表現・その他に関して細心の注意を払うつもりですが、まだわからない事等も多く至らない点も多いかと思いますが、ご理解頂ければ助かります。

最新記事

最新コメント

✳︎ランキング参加中✳︎

情報交換・交流を広げる為 ワンクリックをお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者

ご訪問中

現在の閲覧者数:

FC2チャット

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1861位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
286位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

リンク

新着ブログランキング

ランキング2

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。