✳︎お願い✳︎

自閉症スペクトラムに関して学び始めてまだ数年しか経っていませんが、 日々色々な発見等があります。記事中には個人的見解も多く含まれ他の方には当てはまらない部分も多いかと思います。しかし、私個人としてはなるべく偏見を持たず大切な友とより良いコミュニケーションを目指しています。 但し、一人で悩み考えているのは時には非常に辛く、同じ経験をされている方、当事者の方達と情報交換等が出来れば嬉しいです。 最近は、残念ながら私自身がカサンドラ症候群の症状に悩み始めています。 記事に対してのコメント(非公開も有り)、メールフォーム等でお気軽に声をかけて頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。*障害等に対する誹謗中傷等、宣伝・勧誘等はご遠慮願います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1つの結果としては、良い感じで行ったんじゃない!?


朝起きて...
まだ間に合いそうだったので、
インフルエンザの予防接種を受けて来た。

予防接種を受けたからと言って、
インフルエンザにかからないと保証される訳じゃないけど、
それでも症状が軽くて済む可能性もあるらしいから...

間に合って良かったかな...と思いたい(笑






昨晩は、仕事の持ち帰りがあり、
食事をしてから書類チェックなどをしていた。
その作業に一区切りつけて、お風呂に入ろうと...
その時に携帯のチェックをすると...
数時間前にVから着信が入っていた。
仕事に集中したくて着信音をOFFにしていて気づかなかった


折り返しVに電話を入れると、Vは外にいる様だった。


"着信入っていたけど...!?"


"うん。新居をビデオ通話で見せてあげようと思って..."


そういう事だったのか...
私はてっきりVがビデオに撮ったものを送ってくれるとばかり
思っていたんだけど、ライブで実況中継してくれるつもりだったのね(笑


"あ、そうだったのか...残念"


"そう。でも、もう買い物に出ちゃったから...また今度ね!"


先日約束していた事...ちゃんと忘れずにいてくれた訳だ。
仕事をしていたとは言え、ちょっと悔しい気がしてしまった(爆


"せっかく連絡してくれたのに...超残念!!"
"また、機会があったら、是非見せてね!?"



今度はメッセージで送っておいた。


そして、私は眠る前にお風呂へ入り、
寝る支度をして、また携帯をチェックすると、
またまたVから着信が入っていた。


ただ、今回はメッセージを確認する際に拍子で
誤って発信してしまう事もたまにあるから...


なので、一応またメッセージで、


"また、着信あった様だけど、どうした!?"

すると、

"電話して!!"


なので電話すると...


"あと10分位なら時間があるから、新居を見せるね!!"
"今日、これから両親と兄弟が新居祝いで来るのよ..."



何でまたそんなバタバタしている時にわざわざ!?


"無理して忙しい時に急がなくても良いよ!?"
"今度時間がある時にゆっくり見せてよ..."



"また、ゆっくりちゃんと見せるけど..."
"今、少しだけでも全体的にサラッと見せるよ!!"



あぁ、とにかく早く見て欲しいのね...

そりゃ、待ちに待った待望の新居だもんな...
これまでずっと不便を我慢して、
資金も貯めて、ようやく手に入れた自分の生活。
すごく嬉しいだろう...


見せてもらうと、本当にシックな感じで素敵な住まいだ。
転居したばかりというのもあるけれど、
余計な物は置かず...多分、そのままだと思う。

子供の部屋、キッチン、リビング、そして自分の寝室など...

"これわかる!?"
"ムゥのベッドだよ...笑"
"一応、ソファ式になってるけど、ほとんど座らないら安心して..."


別にそんな事...ずっと住むわけじゃないし、
全く心配なんてしてないのに...(笑

子供のベッドと同じ仕様の物に統一したんだ...
スッキリと素敵な色合いで気に入った。


"V、素敵な新居が完成して本当に良かったね!?"
"私もようやくVが落ち着いた生活を始められて嬉しいよ..."
"本当によくここまで頑張ったね!?"



"うん。引越しが終わるまでは色々心配だったわ..."
"でも、新居に住み始めて良かった..."
"特に1人でゆっくり眠れる快適さ..."



だよね...
結局、2年近くかかっちゃったもんな。
で、その間は、両親と同居、そして寝るのも子供と一緒。
寝ている間は、子供は寝返りや動き回るし...
それにイビキかくのも知ってるよ(笑

そんな中で自分が必要な静かな時間と空間の確保なんて...
全く出来なかったわけだね。
でも、新居購入資金を捻出する為には、
両親と同居するしか無かったわけで...
でも、その代償は大きかったとは思うけどね。
その煽りをこちらも食らった部分もあるが...(汗

Vにとっては、かなり過酷な環境だったと思う。
でも、逆の見方をすれば...
彼女の同年代と比較をすれば、収入も多い方だから、
だからこそあの年齢で新居購入が可能だったわけだけど、
やはり住居購入は一生ものの一番大きな買い物であるのには
変わりが無いし、余裕は無いよね...

でも、これまでずっと彼女の様子を観察していて...
両親との同居が彼女のメモリーをかなり圧迫しているのは、
明らかだったし、1日も早く自分の生活を取り戻すのが
Mustの状況だと見えていた。

前回、彼女の元を訪れていた時に、
新居へ移れそうな予定を聞いた所、
予定よりもかなり遅れていたのは...
ヨーロッパも景気が停滞していて建築資材等が高騰した事、
その影響を受けているとの事だった。

その為に銀行からのローンの範囲でカバー出来ない部分が増え、
そのカバー出来ない部分の資金繰りが出来ない限り無理だと。

その時に何がどの位なのか!?
本当に無理なのか!?

よくVは自分だけで無理と勝手に決めつけているだけで、
それはただ単に他の方法を知らないだけの時もあるから、
それを表の様にして、一度書き出させてみた。

ガス、水道、電気関係の生活するのに必要最低限のもの、
あとは、しばらく無くても何とか凌げるものの振り分けをして、
ある程度のローンでカバー出来ない部分の算出をした。


残りは、あと5項目か...

その費用をどうやって捻出するかだねっていう話となり、
その費用の工面をどうするか...!?
その後の収入予定があるのかとかね。


その時、私は自分の出張帰りでVの元へ立ち寄っていて、
海外出張の際には、必ず有事の際に備えて
ある程度のキャッシュを持ち歩いているのと、
たまたま仕事先の人に頼まれて持って行った品の代金もあり、
ちょっとまとまった額を持っていた。


どうしたものかな...!?


自分の人生のポリシーとして、


"どんなに親しい仲でも金銭の貸し借りは絶対にしない!!!"


これだけは、ずっと守って来ている事だった。
事情が何であれ、それだけは...と。
よく保証人になって...とか、金銭関係のトラブルもよく聞くし。
なので、親友との間でも、暗黙のルールの様に
そういう事はこれまで一切して来なかったし...


仮に止むを得ず、貸す様な事態が生じた時には、
戻って来なかったとしても、諦められる範囲で。


自分の大切な人の為に工面して役に立ったのなら、
戻って来なくても仕方が無いと思える額。
となると...元々そんな大金は無理なわけで...
幸い、これまで自分の人生でそういう事態に直面した事も
無かったし、踏み倒された事も無かったけど。


その時は、私もものすごく考えた。
でも、両親と同居している間のVの不安定さにも直面し、
その影響を自分も大きく受けていて、
それで私自身がものすごく疲弊していた。

もちろん、それが全ての原因ではないだろうけど...


1日も早く落ち着いた生活を取り戻してもらわないと...


額的には、戻って来ないと...私も困りはするけれど、
Vは、他人を騙す様な事をする人じゃないのは
十分わかっているし...
何れにしても、Vがずっと不安定なままだと、
共同作業が全く進まなくて、そこで生じる損害の方が
大きくなる可能性もある。

ただし、ある意味賭けではあるな...

それにVも金銭的には、私と同じ様なポリシーで、
金銭は、絶対に受け取らないのを知っていた。

それは、返したくても返せなくなって、
それで人間関係にひびが入るのが怖いから。
それは、非常に真っ当な感覚だと思う。

しかし、そのいつまでも転居が進まない状況の方が
何だか金銭面だけでなく、こちらへのダメージが大きくなりそうな
予感が非常に強くあったので...

私が帰国する時に借りていたVのPCの間に
持っていたお金を封筒に忍ばせ挟んでおいた(笑
そのPCはVだけしか基本手にする事はないし...

しかし、帰国した時に連絡した際には気づいていなかった様。
2,3日しても、何も無いので、さすがに心配になって...


"ねぇ、最近PC使ってる!?"


"あ、あれから忙しくてPC使う暇も無い。でも、どうして!?"


"側にPCあるなら、後で確認してみて..."


それから10分後にVから連絡が入った。


"ありがとう。でも、これ...受け取れないよ..."


添えた手紙には、

・1日でも早く転居して落ち着いた生活を始めるため
・あげるんじゃなくて、利子無しで貸す事

理由をしっかりと書いておいた。


"手紙にも書いた様に"貸すだけ"だからね..."


"わかっているけど、でも..."


何れにしても、ローンでカバー出来ない分は、
親や同僚達に借りて工面するつもりだと言っていた。
親だって、今は年金生活に入り、そんなにまとまった額の
余裕も無いだろうし...
同僚と言っても、頼んだ相手がすんなり貸してくれる保証も無いし、
また、そこで嫌な思いをする可能性もある。


何でもかんでも手助けをしてしまうのがいけないのでは!?


そう指摘する人もいるかも知れない。

私も、その部分はかなり考慮した。
ただし、V自身が基本的生活を整えてくれない限り、
ずっと同じ様な問題が続く可能性がある事。
両親と同居し始めてからの方が、色々な物事に対しての
Vの理解度に乱れが生じているのがハッキリと見受けられたから。

もちろん、新居に転居したからと言って、
そこで問題が全てクリアになる保証も無いし、
新たに別の問題が生じる可能性だってあるだろう。


でも、1人で静かに過ごせる時間と空間が確保出来るのと、
出来ないのとでは、不安定に陥る頻度にも大きく差が出て来る
であろう事には、私は確信していた。


その時は、色々と心配しているVには、


"取り敢えずいざという時の保険だと思って持ってな..."
"急に必要になって、工面の為に駆けずり回らなくて済むでしょう!?"
"転居を後に伸ばすよりも、早く転居した方が良いし..."
"その額で出来る事があれば、さっさとしてしまえっ!!!"
"ま、無理にじゃないけど...よく考えてみな..."


そして、それは特別な事例で"今回限りの1度のみ"であると
伝え...

"わかった。ありがとう..."

と、Vも納得した形となった。


それから、3ヶ月ほどして...


"ムゥに借りたお金で必要な照明器具を全部入れられたよ..."


と言っていたので、着々と準備は整って来ているのだなと
思ってはいたけれど、最終的に12月末までに転居出来れば...
とか言っていたから、まだ先にかかるのかな...と思っていたら、
何とか頑張って11月に転居出来たわけで...良かった。

これで、早めに仕事の方も動けるらしいから、
今後の繁忙期での収入も見込めるし...
それで、私の方への返済の予定も計算している様だから、
当初通りにその点での心配する事も無いだろう。

もちろん、人生、途中で何があるかはわからないけど...

でも、私がなぜ予算として置いて行ったか...
説明をして、しばらくしてからでも、その目的の内容を
Vの方も理解して動けた事も...結果として良かったと思う。

そして、転居してからのVの落ち着きぶり...

これが何よりも代え難い。


これで何もかも上手く行く...


そういうものでもないのは、わかっているけれど、
大きな問題が1つクリアになった事で、
今後は少しやりやすくなる事を心から願って止まない。


Vの方も、これからも大きなローンの返済はあるし...


それでも、自分の安住の地を確保出来た事、
そして、大きな目標を成し遂げた事、
その点は、やはり尊敬出来るよなと思う。


そして、


スッキリときれいなVの新居を見せてもらって、
私もこの雑然とした自分の住居をどうにかしないと...
そんな風にも思ったよ(大瀑


今は、自分のすべき仕事をまず片付けてから、
年末からは、本気で断捨離をするかな...と。
もう、余計な物を持っていても仕方無いと、
本気で思えて来た(笑


しかしね...
不思議とね、第2章の事とか...
早くまた行きたいとは思わない事。


自分の中でも確実に何かが変わろうとしている感じがしている。


あちらは、あちら...自分は、自分


まずは、自分がするべき事を...と。


そう、Vに対しては、自分で出来る事は、
現状、全てやり尽くしたと思う。


これからしばらくは、自分は自分の為に...


期限がある大きな仕事もまだ残っているんでね。



*情報交換・交流を広げる為にもブログランキングへワンクリックをお願いします!*
↓   ↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

Comment

Secre

プロフィール

ムゥ

Author:ムゥ
自分にとってとても大切な人、友人。知り合った時には気づかなかったけど、彼女は自閉症スペクトラムの傾向が強く...親しくなるにつれて苦悩の日々が続く様に。毎日試行錯誤を続けています。一人で悩むのもかなり辛く色々と情報交換等が出来たら嬉しいです。よろしくお願いします。

*表現・その他に関して細心の注意を払うつもりですが、まだわからない事等も多く至らない点も多いかと思いますが、ご理解頂ければ助かります。

最新記事

最新コメント

✳︎ランキング参加中✳︎

情報交換・交流を広げる為 ワンクリックをお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者

ご訪問中

現在の閲覧者数:

FC2チャット

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
3125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
483位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

リンク

新着ブログランキング

ランキング2

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。