FC2ブログ

✳︎お願い✳︎

自閉症スペクトラムに関して学び始めてまだ数年しか経っていませんが、 日々色々な発見等があります。記事中には個人的見解も多く含まれ他の方には当てはまらない部分も多いかと思います。しかし、私個人としてはなるべく偏見を持たず大切な友とより良いコミュニケーションを目指しています。 但し、一人で悩み考えているのは時には非常に辛く、同じ経験をされている方、当事者の方達と情報交換等が出来れば嬉しいです。 最近は、残念ながら私自身がカサンドラ症候群の症状に悩み始めています。 記事に対してのコメント(非公開も有り)、メールフォーム等でお気軽に声をかけて頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。*障害等に対する誹謗中傷等、宣伝・勧誘等はご遠慮願います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイミング的には、決して悪くなかったのかもな...


地震があったりして、久しぶりにVとやり取りしたけど...


それまでは、少し距離を置いて静かに過ごしていた。
その間は、Vの方からも特別何もコンタクトして来なかったから、
ちょうど良かったな...と。

こういう時は、変に気持ちの揺れ動きが無い方が良いから。




しかし、色々な意味で"タイミング"ってのがあるものだね!?


で、そのタイミングが良い時もあるし、
全く悪くて"タイミングを外す..."事もある。


それも、その人、その時の運なのかも知れないが...


今回は、どういうタイミングでそうなったのか...!?
ちょっと今はまだわからないのだけど。


今日は、関東地方は雪の予報が出ていたので、
出来る限り外に出る用事は、前日までに済ませるか
後日で間に合うものは、後日に...と準備をしていた。


すると、昨日、以前にVに頼まれてオーダーしていた物が
出来上がったと連絡が入り...


"どういうタイミングだろう...!?"


と内心思ったりしていた。


いや、自分がオーダー入れたのだから、
それが出来上がったから連絡が入っただけ。
ただ、それだけなのかも知れない。
無理にそこで意味を探そうとする必要も無いのかも知れないが...


何れにしても、私がそれを持っていても仕方が無い。
送れる時にさっさと送ってしまうか...


"事務的に...事務的に..."


勝手に自分で頭の中で自分に言い聞かせている...(爆


品物を受け取りに行き、そこで梱包させてもらって、
そのまま発送の手続きをしに行った。


夜にその品を発送した連絡をVに入れると...


その礼を伝える為にVから連絡が入った。


話すのは...かなり久しぶりだった。


"ありがとう。丁度必要な頃だったから助かったわ..."


"頼まれた物の他に◯◯も一緒に送っておいたよ!!"


"えっ、本当に!?"
何だか声が少し詰まった様に聞こえた...
"うわぁ〜、すごく嬉しい!!! 本当にありがとう!!!"


一緒に送った物が...本当に嬉しかった様だ。


それから、私の体調を聞かれ...
状況を説明して、まだまだ時間がかかりそうだという事を伝えた。
Vもその状況は、理解出来た様だった。


"あとね、ムゥに報告があるの..."
"私、ようやく新居に移転したんだよ!!!"


しばらく大人しいと思っていたら...
そういう事だったんだね...(笑

"そうか...それは、良かったね!!! おめでとう!!!"
"これでようやく落ち着いた生活が送れるね!?"


"そうなのよ..."
"これでやっと、誰にも気兼ねせずに静かに暮らせるわ..."


"自分だけの静かな空間って大事だもんね!?"
"特にVは、他の人達よりもそういう空間と時間が
必要なの理解してるよ..."


"そう。それは正解だわ..."
"ムゥ、ちゃんと理解してくれているのね..."


"この3年間、Vを理解しようとかなり努力したもの..."
"もしかしたら、V以上にVの事をわかっている所もあるかも!?(笑"

"それもきっと間違いないわ..."
"私自身よりも、私の事をわかっている箇所はあるかもね!?"


Vが言葉で言うのと、実際の理解度にどの位の開きがあるか!?
それは...ちょっと今の段階ではわからないけど...

"今ね、丁度食事を終えて..."
"ムゥが贈ってくれた食器を洗っていたんだよ..."



そう言えば...
前回、Vの所へ行った時に新居用にお祝いとして、
フォーク、ナイフ、スプーンなどの一式を贈っていた。


"あっ、それから..."
"ムゥ用に簡易だけど、ベットもちゃんと買ってあるよ!?"
"だから、もう、いつ来ても大丈夫だから..."



"えっ、マジ!?"
"他にまだ先に必要な物があったんじゃないの!?"



"大丈夫..."
"他の必要最低限の物は、もう揃っているから..."
"後は、少しずつ買い足して行けば良いから"
"これから、また頑張って稼がないとね...笑"


"しかし、本当によく頑張ったね...偉いよ!!!"
"でも、自分の場所がしっかり確保出来て良かったね!?"


"本当に..."
"精神的な疲労感が全然違うわ"



話をしていても、どこか落ち着きを取り戻し始めていると
感じられたんだよね...本当に良かったと思う。


これまで一時的にとは言え、両親との同居は、
それなりに便利な事もあっただろうけど、
V自身にとって必要な静かな時間と空間の確保は
非常に難しかったと思う。
そこで感じるストレスが蓄積されて...
V自身が落ち着きたくても、落ち着けなかったってのもあると...


余計な話かも知れないが...


"せっかく、ようやく自分の大切な空間の確保が出来たなら..."
"暫くは、しっかりその生活を確保して慣れるのに徹した方がいいよ!?"
"出会いとかも大切だけど..."
"これまで、それでものすごく苦労したんだから..."
"次は、Vが必要な静かな時を理解してくれる人が見つかるまで"
"本当にVの事を理解してくれているか知るまで時間もかかるし..."



"そうだね。その点は私も気をつけようと思っているわ..."
"そういう人が現れてくれたら嬉しいけど..."
"暫くは、そういうのも無いと思う..."
"近々、ここへ招き入れたいと思う人もいないし...笑"



きっと、新しい生活に本当に慣れるまでは、
かなり時間がかかると思うんでね。


"それは、良い判断だと思うよ..."
"とにかく心待ちにしていた安住の地を..."
"前の結婚生活の時みたいに利用されない様に気をつけてね!!"
"ってか、そんな悪い輩が出現したら..."
"今度は、私が絶対に容赦しないけどさ!!!"


と言った後...

"ちと言い過ぎちゃったかな...!?"

と思ったら...


Vは...何か、すごく嬉しそうと言うか...
可笑しいそうと言うか、ずっと、笑っている。


"どうした!? 何でそんなに笑っているんだ!?"


"ムゥ、本当に容赦しないだろうな...と思って..."


あぁ、そういう落とし処ですか...

何れにせよ、最初にある程度言っておいた方がいい。
V自身もある程度は分かってはいるとは言え、
新しい生活に慣れないうちにそのバタバタの中で
誰かと関係性を築いて行くっていうのは...

もちろん、それはV自身の人生だから、
実際にどうするかは、Vが決めれば良いけれど、
友達として...思った事を言っておくっていうのも大事。

それに対しては、Vの方からも拒否反応は無かったわけだし。
受動型だからってわけでもないと思われるしね。


しかし...


新居に移って早々、私用のベットを既に買ってくれたとか...
私としては、正直、感動と言うか、嬉しかったわ...
そして、ちょっとビックリもしている。


その2日前に


"いつも忘れていないよ..."


と言われたばかりだったし...


だから、やっぱりな...
Vは、Vなりに考えてくれているのはわかる。


とは言っても...


今までみたいに、そう聞いたからと言って、
そこで感情的に揺れ動いて、
また、いつも通りに戻そうとかっていうのは思わない。


それは早合点というもの。


"いつ来ても大丈夫だよ!?"


と言ってくれたし...
多分、Vの認識の中には、

"私がVの所へ行く..."

そういう認識が定着しつつあるんだと思うし、
それ自体は、嬉しい事なんだけどね。


でも、自分の体調がこんな感じなら...
しばらくは無理だと思うし、無理しようとは思っていない。
だから、Vにもそれは伝えて...


"今は、私は治療に専念する..."
"Vも新しい生活を軌道に乗せるのに専念して..."
"春先とか初夏あたりを目標にしようね!?"



そう伝えた。


"そうだね。そんな状態なら...治療優先だね..."
"でも、ベッドがあるの...知ってた方が良いでしょ!?笑"
"今、ここにあるけど、きっと気にいると思うよ!?"



やたらとベッドに拘るのね...(笑


多分、一生懸命探して買ってくれたんだと思う。
これは...Vなりの愛情表現なんだよね、きっと...


"あ、そうだ。今はもう暗くなっちゃったからダメだけど..."
"明日か明後日の昼間にビデオで新居を見せてあげるよ!!!"


そんな事もVの方から言い出して...


あとは、子供の学校の事だとか、
父兄会での話し合いの事とか...
結構色々と話したな。


Vの色々な想いも...結構、ちゃんと伝わって来てる。
でも、しっかりと状況を見極めて...


本当に距離感が難しい。


ただ、どんな状況であっても、
今の段階では、自分にとってのVの存在、
Vにとっての私の存在は...
どちらにとってもかなり近いのは変わり無い。


解釈の仕方はそれぞれかなり違うかも知れないけど、
それをお互いに認識出来ているというのは...
かなり大きな進歩と収穫だと思う。


ただ、今後のステップとしては、


"それで全てOKという事ではなく..."
"認識がズレる事でお互いに傷つき疲弊してしまう事"
"ルールの解釈の確認と修正の必要性もある事"



これは近い将来必ずやらないといけないと思っている。


今は、その準備期間。
じっくりと時間をかけて...


第2章の始まりは、まだまだ先と思えるけど、
焦る気持ちはもはや無い。


それで良いのだと思っている。


[追記]


Vの気持ち、想いを新たに認識する事によって、

"早くまた会いに行きたい..."

とならなかったのは、
自分の体調的な事もあるのだけれど、
いつも、このすぐ先にある落とし穴に落ちてしまっていた経験が
これまでに何度もあるからってのが大きい。

残念ながら、Vの認識の仕方の特性として、
1つ良ければ、他の事も大丈夫。
他に生じていた問題等も一緒にクリアとなる様な
認識になってしまう傾向が強い。

◯◯は良いけれども、△△は別問題。
△△に関しては、別箇の対応が必要である。


こういう発想には繋がり難いのが現状。


VがVなりに私の事を大切な思ってくれて、
良い形でそれを表現しようとしてくれているのは痛い程理解出来る。
でも、それとは別に困っている事があり、
それを解決しない限り、また必ず同じ箇所で行き詰ってしまうし、
次に進む事さえも出来ない。

これまでは、それを流して...
別に出来る事から...としてはいたけれど、
何度も行き詰まる箇所が同じなら、
その箇所を改善しないと無理だという事だよね。

色々と私自身もVの事を少しずつ理解出来る様になってきて、
ただ、それは私が勝手にそう思い込んでいるだけなのかも知れないけど、
実際にVに対して、確認する為に、

"Vは、あの時にこう言ったけど..."
"それは、Vは◯◯という理解をしたからだよね!?"
"△△という意味で間違いないかな!?"


と聞くと、そうだと答えるし、
まぁ、それも本当に自分の感情をその時点で
V自身が100%キッチリと認識してとは言い切れないけど...

でも、そう確認してから、

"わかったよ..."

と言うと、本当にホッとしたり、とても嬉しそうにしている。


一度、

"今まで他の人達はVの考えや気持ちを1つ1つ確認してくれなかった..."
"で、V自身もどう伝えたら良いかわからなくて"
"それがとても辛かったんだね!?"


と言うと、

"やっと、わかってくれたか..."

という感じて返って来た。


でも、それは、"そういう状態である事"
というのが分かっただけで、
"では、それを解決する為にはどうしたら良いか!?"
という所までは辿り着けてはいない。

定型的解釈方法の傾向としては、

"事情・気持ちを理解する" +  "対応策を考える"

というのを無意識のうちにセットとして認識している事が
多いんじゃないかと思うけど、Vとかは、そうではなく、
別にオプションとして、次にはこうするとか、
こういう選択もあるんだよっていうのを丁寧に
話して行かないといけないんだな...ってね。

まぁ、それもこれまで何度も落とし穴に落っこって
ようやくわかりかけている事なんだけど...(笑

さすがに今回は、もう落ちたくないよな...
だって、落ちたらあちこち擦り傷だらけになっちゃうし、
時には、骨折もしちゃう事だってある。

それでも、自分で這い上がらないといけないし...
怪我した状態で這い上がるのには、
時間も労力もものすごくかかるから...

実際に私はまだギプスをした状態に近いんだと思う。
骨がくっ付いて、ギプスが外れて...
リハビリして、少しずつまた歩ける様にして行く。

もう、これをしっかりしてからじゃないと無理よねってね。

それでも、すごい痛くて大変だったけど、
気がついたら....
ようやく第一章は、何とか通過していたって感じ!?(笑


*情報交換・交流を広げる為にもブログランキングへワンクリックをお願いします!*
↓   ↓


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

Comment

No title

ムゥさん、今までの中で色々考えてこられたのでしょうね。
その分、Vさんとの繋がりは近い…

ムゥさんは感覚が鋭い気がします。
きっと、あまり色んな感覚が自分に入って来てしまうと、
どれをどう自分に受け入れていいのか、
わからなくなってしまうほどの多さなのではないでしょうか…

だからこそ、良い意味ではVさんを理解しようとして、
五感をとぎすまし、
Vさんとの関係を築くことが出来たのだと思います。

でも、そうなってしまうと、
今度ムゥさんの感じてるこの気持ちはどうしたらいいの?

って、なってしまったのかしら…?

距離の取り方は、相手が分からないほど
自分が取ろうと思っても難しいと思います。

ただ、Vさんとの関係ややりとりから、
ムゥさんから今回のように、
理由を説明して、距離を置くことが何度あってもいいと思います。

それは、ムゥさん自身を守るため。
ムゥさんが辛くなってしまったら、
Vさんも辛いのではないでしょうか…
そして、もしかしたら、ムゥさん自身もお辛いのでは?

Vさんとの関係を守るためには、
ムゥさんも自身を守り、
付き合っていくことが必要な気がします。

だって、Vさんはムゥさんをご招待する気分で頭が一杯、
ルンルン♪だと思うのです(^^)

さぁ、ムゥさんの鋭い感覚はどうしていくことにしましょうかね。
でも、それはムゥさんの特権ですよ。
どや顔で歩いてもいい位の素晴らしさです。

ただ、ムゥさんが自身に疲れないように、
どうしていくか…なのでしょうかね~(*^_^*)←第二章かな?

mercy12様

mercyさん、こんにちは!

いつもコメントをありがとうございます。

> ムゥさんは感覚が鋭い気がします。
> きっと、あまり色んな感覚が自分に入って来てしまうと、
> どれをどう自分に受け入れていいのか、
> わからなくなってしまうほどの多さなのではないでしょうか…

mercyさんのご指摘の通り、
恐らく感受性、観察力は平均以上ではないかと思われます。
なのである程度の年齢がいってからは、
情報のインプットに関しては、ある程度自分で調節出来る様に
なって来ましたが、若い頃は大変でした...(^^;

> だからこそ、良い意味ではVさんを理解しようとして、
> 五感をとぎすまし、
> Vさんとの関係を築くことが出来たのだと思います。

私もそう思います。
性質的にと言うか...感覚的にか...自分とVは全く違う感じだったので、
感性を研ぎ澄まし、ものすごく集中していないと
何もわからなかったと思いますし、
表面的なものしか見えていなかったとしたら、

"こんな自分勝手な子は付き合いきれない"

と、友達でいようとする事すら止めていたと思いますが、
それが"単なる自分勝手"としては見られず、

"何か違う...どうも理由がありそうだ..."

と漠然としてでしたが、そう感じた事が大きいです。
なぜなら、基本的にはVはとても優しい人で
それは普段からの行動、言動からも伝わって来ていましたし、

"そんな優しい人がどうしてこうなるのか!?"

という大きな疑問がきっかけだったのかも知れません。

> 距離の取り方は、相手が分からないほど
> 自分が取ろうと思っても難しいと思います。

これは、本当に難しいですね...

"親しき仲にも礼儀あり"

という一言では済まされない。
相手が"これはこの位"でも"それに関してはこれ位"
といった感じの調整が上手く出来ない。
距離感に関しての感覚がこちらとは全く違うというのは、
私はわかってきているのですが...

逆の発想として、

"とても大事な人に対しては、信頼を裏切る様な行動はしない..."

通常は、そうなると思いますが、

「どういう行動が信頼を裏切る事になるのか!?」

ここのポイントが認識出来ていないからなんですね...
行動に移す前の段階の事だったんだなと。

> ムゥさんから今回のように、
> 理由を説明して、距離を置くことが何度あってもいいと思います。

なので、これからはこういう距離の取り方は、
ある程度は有効になってくると思います。

> ムゥさんが辛くなってしまったら、
> Vさんも辛いのではないでしょうか…

色々な所でズレが生じる事によって、
こちらも疲弊して来ますし、
ガッカリもしたりしますが、その様子はVもわかるんです。
でも、"なぜなのか!?"とか"どうしたら良いか!?"が
わからなくて困惑してしまう...
そして、それに対して「聞いてみる...」というのも
その発想自体が無かったり、聞いたとしても、
ポイントが大きくズレてしまっていたりと、
すでにこちらも非常に困った段階にいるのに
さらに...となると、余計に落ち込んでしまう事にも。

> Vさんとの関係を守るためには、
> ムゥさんも自身を守り、
> 付き合っていくことが必要な気がします。

これが今後は一番大切なポイントかもしれませんね!?

> だって、Vさんはムゥさんをご招待する気分で頭が一杯、
> ルンルン♪だと思うのです(^^)

そうですね...
表現の仕方は、かなり違うのですが...
でも、新居がようやく完成して、
自分の生活が出来る様になった嬉しさとか、
一連の彼女の言動、行動から伝わって来ますし、
その嬉しさを私にも伝えたいんだな...と(^^)

> ただ、ムゥさんが自身に疲れないように、
> どうしていくか…なのでしょうかね~(*^_^*)←第二章かな?

ありがとうございます。
ゆっくり、ぼちぼちと...
焦らず第2章は始めようと思っています(笑
Secre

プロフィール

ムゥ

Author:ムゥ
自分にとってとても大切な人、友人。知り合った時には気づかなかったけど、彼女は自閉症スペクトラムの傾向が強く...親しくなるにつれて苦悩の日々が続く様に。毎日試行錯誤を続けています。一人で悩むのもかなり辛く色々と情報交換等が出来たら嬉しいです。よろしくお願いします。

*表現・その他に関して細心の注意を払うつもりですが、まだわからない事等も多く至らない点も多いかと思いますが、ご理解頂ければ助かります。

最新記事

最新コメント

✳︎ランキング参加中✳︎

情報交換・交流を広げる為 ワンクリックをお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者

ご訪問中

現在の閲覧者数:

FC2チャット

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1861位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
286位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

リンク

新着ブログランキング

ランキング2

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。