✳︎お願い✳︎

自閉症スペクトラムに関して学び始めてまだ数年しか経っていませんが、 日々色々な発見等があります。記事中には個人的見解も多く含まれ他の方には当てはまらない部分も多いかと思います。しかし、私個人としてはなるべく偏見を持たず大切な友とより良いコミュニケーションを目指しています。 但し、一人で悩み考えているのは時には非常に辛く、同じ経験をされている方、当事者の方達と情報交換等が出来れば嬉しいです。 最近は、残念ながら私自身がカサンドラ症候群の症状に悩み始めています。 記事に対してのコメント(非公開も有り)、メールフォーム等でお気軽に声をかけて頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。*障害等に対する誹謗中傷等、宣伝・勧誘等はご遠慮願います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これまでの事、そして、今、自分が1番必要な事


あれから...

調子が良くなって来ているか!?

と言えば、そうとも言えない。


かなりの長い年月の間に蓄積され続けたものだから、
そんなに直ぐにはって感じかな...
でも、それで焦ったとしても仕方がないのもわかっている。






今、私がやっているのは...

Yにこれまでの状況を聞いてもらっている事。
Yとは付き合いも長いし、Vの事もよく知っている。
だからと言って、YがVに余計な事を伝える心配は無い。

本来は、第3者に色々話す事はせずに
自分だけで何とか処理したいと考えていたが...

状況的には、その判断自体を間違っていたのかも知れない。


とても自分だけで対応出来る事ではなかったんだよな...


もちろん、Yに話した所で何か抜本的な解決に繋がるとも
考えてはいないし、少しYを巻き込んでしまった形とは
なってしまったが、それを続けるつもりも無い。
でも、今はこれまでに溜まり続けていたものを
ある程度吐き出す事が私自身にも大事で、
Yもある程度は状況を理解、想像出来るのと、
私自身が信頼出来る相手だという事で話を聞いてもらっている。


これまで...


「家族やパートナーの様に同居しているわけじゃないから...」
「遠距離だし、毎日顔を合わせているわけじゃないし...」
「当事者というよりサポーター的な位置づけ」
「同居している家族の方がもっと大変...」



そんな風に考えていたわけだけど、
実際には、仕事でもプライベートでもかなりの近さで
関わっていたし、サポートに関しても多方面に渡っていて、


"それは、ある意味パートナーと同じと言える状態"


だったって訳なんだな...


何を今更って感じだけど...


そりゃ、共同作業として一緒に仕事もやっていたのなら、
それがメインではなくても、立派にパートナーと言っても良いかも!?



改めてカサンドラ症候群に関して書かれている物を...
あまり長い文だと読むのが大変だから、
"配偶者"の立場に関して書かれているけど、
実際に周りの近い人間にも当てはめられる事なので、
参考に...↓


URL1→アスペルガー配偶者が陥りやすい「カサンドラ症候群」

URL2→カサンドラ症候群とは!?注意したい症状・対処法まとめ



ずっと、自分がこの3年ほどの間に1番辛いと感じていたのは、

"何とも言えない孤立感"

実際にこれまで自分の人生の中で感じた事の無いものだった。
この状態がかなりキツかった...


仕事で何か問題や悩みが生じた時には、
同僚達に相談したり...協力し合ってとかで
解決出来る事も多かったし、

人生や生活での問題、悩みは親や兄弟、
友達や先輩とか...

恋愛に関しては、大部分友達が多かったけど...


もちろん、Vとの事でも多少は友達も聞いてくれたりもしたけど、
やはりASDがどういうものなのかわからないと、
実際に話をした所で相手も何を言ったら良いのか...!?
という状態になってしまう。


自助グループへ...


これも、大体は家族、パートナー(恋人等)中心で、
友達+仕事で関わっている立場の自分は、
なかなか気後れしてしまい...門を叩けなかった。


もちろん、このブログを通して最近では声をかけて頂ける様になり、
とても助かっていたのは事実なんだけど...


それでも、私の場合は、"話をしながら..."とか、
"話をする事"で解決への糸口を見つけて行ったり、
自分自身の気持ちを癒して行ける部分が大きいので、
やはり、自分が何かに疑問を感じたり、困っている時に
タイムリーに話したりする事が出来ない状況自体に
ものすごくストレスを感じていたんだと思う。


"それは大変だったね..."
"そういう時には、こうすると良いみたい...."
"あぁ、わかるよ。そういう事あったから..."
"多分、◯◯なんじゃないかな...!?"



正しい答え、対処法を求めると言うよりも、
共感してもらったり、話をしてもらえる事が大事!?


それ自体がASD系の方達が苦手とする事なので、
私が日頃定型系の友人、対人関係の中で
直接本人と接して話したりして、納得したりして行く...
というのが非常に困難な状況だったから...余計に。


しかし、今となって...
ってやつなんだけども、


もっと早くに勇気を持って、参加させてもらえる自助グループを
探し出すとか、支援という立場からではなく、
自分自身の為のカウンセリングなどを受けるべきだったなと思う。



"カサンドラ脱却のカギは理解者を見つけることです"



という様に、1人で立ち向かおうとしない事が大事!?


とは言ってもね...


自分自身の仕事や生活もあり...
自助グループを探すと言っても、何をどうしたら良いのか!?とか、
もちろん、ネット上にも色々情報があったとしても、
スポーツジムの体験プログラムに参加するのとは
訳が違うだろうしとか...
テーマがテーマだけに気軽にって訳にはいかなかった。



しかし、今、この時点で...


完璧に倒れてしまう前に色々とわかって良かったかなと思う。


URLの文中にあった。


アスペルガー症候群の人は、外では気を張っているため
身内以外ではほんの少しの違和感しかありません。
その反動か、家の中では緊張を解き、
その特徴がより強く出てしまうことがよくあります。
そのため配偶者は周囲の人が感じる違和感よりも
ずっと強い違和感を持ち続け、正常な人間関係が
なんなのかわからなくなってきてしまうのです



これは...本当にかなり当てはまると思った。
特にVは受動型傾向が強いから、
職場その他での表面的な繋がりは何とか対応しているから、
他の職場の同僚達とのやり取りを見ている限りは、
多分、他の人にはわからないだろう。


逆に私に対して特性がより出やすくなっていた事を考えれば、
Vの感覚としては、かなり信頼してくれていたんだと思うけど、
その方法がやはり定型的な私の感覚とは大きくズレてしまっていて、
結果的に大きな負担となってしまっていたんだな...


まぁ、それ自体も...
ずっと以前から色々な方達に


"Vさんは、ムゥさんの事は信頼していると思いますよ..."


といった事は教えて頂いていたし、
私自身も、最近は"そうかも...!?"と感じ始めてはいたが。


そして、私自身が、その理解と身体のコンディションの
バランスを大きく崩してしまった訳だ。


ただ、この状況を経験する事によって、


"自分自身が理解されていると感じられない..."


という感覚、大きな孤独感を味わって、
Vの日頃の苦しみを少しわかったのかも知れない。



ただ、それを今はどうこうする...という余裕も無いし、
本当に今はもっと距離を保って自分自身の不調を改善してから。
多分、その為には今まで以上に時間もかかると思う。



もちろん、手のひらを返す様に、


"もう無理だから..."


みたいな態度を取るつもりは無い。
実際に簡単なやり取りは今でも続いているし、
まぁ、天気の話とか...その位だろうな。


でも、いきなりあから様に突き放したりする態度は...
そんな事をしたら、ものすごいトラウマになって
さらに二次障害の原因になってしまうだろう。


ただ、共同作業他でのこちらからの働きかけや
細々としたフォローはしばらく出来ないという事。


しかし、つくづく心のこもった言葉の一言、二言で
気持ちが楽になったりするのは...
定型的にはとても大事な事なんだなと痛感している。


自分が必要な時に相手から言葉や何かしらの
アクションとして返って来る事で
定型は、お互いを知ったり、コミュニケーション取れていると
安心出来る傾向が強いんだな...


もう少し自分の状態が良くなったら...
自助グループやカウンセリング関係の方も調べてみたい。
今すぐは...ちょっと無理そうだけどね。


それでは良かったらご意見や感想、アドバイス等コメント欄に頂けたら
とても嬉しいです。よろしくお願いします!!


*情報交換・交流を広げる為にもブログランキングへワンクリックをお願いします!*
↓   ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

Comment

大事なことです

タイムリーに共感してもらえること。
私もそれを求めていました。

孤立感もありました。

だからこそ、ムゥさんは、
もっと自分に正直な気持ちを安全な場所(第三者やカウンセリングなど)
で出していっていいのだと思います。

だいぶ働きづらくて無理していませんか?

相手がそれだけ信頼を寄せているのは嬉しいことでもありますが、
その分ムゥさんが疲れてしまうのではないかと心配でした。

私は、自分を変えたくてカウンセリングに行ったのがきっかけです。
今まで、3、4か所でカウンセリングを受けた経験もあります。

私でわかることでしたらお伝えできますので、
遠慮なくどうぞ…

季節がら、ご自愛くださいね(*^_^*)

mercy12様

mercyさん、続けて沢山のコメントをありがとうございました!

こうして自分が勝手に苦し紛れに書き綴った記事に対して、
共感して頂いたり、丁寧にコメントでお声をかけて頂けた事、
真に私自身が今一番必要としている事でした。

お陰様でこれまでガチガチに凝り固まっていた心が
少しずつ緩んで行っていてる様な気持ちにさえなります。

正直、自分の仕事だけでなく、日々の生活まで
最近はかなりキツイなと感じていました(涙

先日のたった一度のカウンセリングで
何か自分の中での変化を感じられた事があり、
自分の想いを吐き出す事の大切さを改めて痛感していました。
そして、それもただ一方的に吐き出すのではなく、
相手方からの何かしらの反応なども重要なのだと...

こういう形でmercyさんにもお応え頂けて、
さらに「助かった...」という気持ちにもなり...

今はまず前回のカウンセリングを続けてみて、
また機会があれば自分のニーズに合った
自助グループやカウンセリング等と巡り会えれば嬉しいなと
考えています。

本当にありがとうございました!
Secre

プロフィール

ムゥ

Author:ムゥ
自分にとってとても大切な人、友人。知り合った時には気づかなかったけど、彼女は自閉症スペクトラムの傾向が強く...親しくなるにつれて苦悩の日々が続く様に。毎日試行錯誤を続けています。一人で悩むのもかなり辛く色々と情報交換等が出来たら嬉しいです。よろしくお願いします。

*表現・その他に関して細心の注意を払うつもりですが、まだわからない事等も多く至らない点も多いかと思いますが、ご理解頂ければ助かります。

最新記事

最新コメント

✳︎ランキング参加中✳︎

情報交換・交流を広げる為 ワンクリックをお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者

ご訪問中

現在の閲覧者数:

FC2チャット

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
3125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
483位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

リンク

新着ブログランキング

ランキング2

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。