FC2ブログ

✳︎お願い✳︎

自閉症スペクトラムに関して学び始めてまだ数年しか経っていませんが、 日々色々な発見等があります。記事中には個人的見解も多く含まれ他の方には当てはまらない部分も多いかと思います。しかし、私個人としてはなるべく偏見を持たず大切な友とより良いコミュニケーションを目指しています。 但し、一人で悩み考えているのは時には非常に辛く、同じ経験をされている方、当事者の方達と情報交換等が出来れば嬉しいです。 最近は、残念ながら私自身がカサンドラ症候群の症状に悩み始めています。 記事に対してのコメント(非公開も有り)、メールフォーム等でお気軽に声をかけて頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。*障害等に対する誹謗中傷等、宣伝・勧誘等はご遠慮願います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝い事の当日


前記事からの続きです。
良かったら、前記事から読んでみて下さいね。

URL
↓ ↓ ↓
初っ端から大ゲンカ...でも、何とか...

大ゲンカの翌日、そして...

受動型傾向の影響とか、視野の狭さとか...





旅にトラブルやハプニングは付きものとは言うけれど、
本当に初めから色々とあるわな...


しかし、祝い事の当時は、
それまでの嵐の様な時とは違い、
比較的にスムーズに穏やかに過ぎた。


その日は、Vは午後からは余裕があり、
昼食を済ませると...


"皆んなが集まるまでムゥのホテルでゆっくりしていよう〜!?"


とか言って来た。


"どこか行きたい所とかは無い!?"
"何がしたい!?"



そんな言葉は...

まっ、期待しない方が良いか。
そこでまた変に欲を出して、
途中で何らかのトラブルに巻き込まれたりして、
せっかくの穏やかな時が台無しになってしまう方が恐ろしい。

私自身も"どうしてもこれがしたい!!"
ってのも無いし...
とにかく穏やかに過ごせる方が有難い。


ホテルの部屋でゆっくりと話をしたりして...


話の流れでVのリハビリの話になった。
経過はそれなりに良好の様だが...
やはり、身体の一箇所を故障すると、
それを庇って他の所にも影響が出て来る時が多い。


"元の所は、かなり良くなったんだけど...."
"今は、○○とXXが痛くなって来ちゃったの..."



目視ではなかなかわからないが...


"どれ..."

ふと、触って確認しようと思ったが...

"あっ、触られると嫌なんだよね..."

と言って止めた。

すると、


"大丈夫だよ...!?"

あら、珍しい...(爆


私は専門家ではないけれど、マッサージは割と得意。
元々体育会系で多少の知識は...(^^;
でも、やたらに素人が触らない方が良いのも知っているが。


ちょっとだけ触って確認すると、思った通り張っている。
普段どんな治療をしているかを聞いてみると、
自分が知っている方法と同じだった。


少しマッサージすれば、かなり楽になるはずなんだけど、
Vは他人に触られるのがすごく嫌いだから、
簡単なマッサージさえも受けられないから、
余計に状態が悪くなっちゃうんだよね...


"ちょっとだけマッサージしてみてあげようか!?"
"痛かったり、不快だったりしたら直ぐに止めるから..."


"うん、じゃ、やってみて..."


やたらと素直だわ...今回は...


こりゃ、相当キツイんだろうな...

"ここが痛いって事は...ここにも繋がっていて..."
"多分、ここが元なんじゃないかと思うけど、どう!?"


ちゃんと最初に説明しておいて...

"あっ、そこだっ!!!"
"本当に当たってる!!! 何でわかるの!?"



ってか、私も現役時代は自分や仲間達の怪我や故障を
ずっと見て来ているし、治療法やケア法もある程度は知っている。
それに今でもマッサージとかはしょっ中受けているしね


マッサージを始めて...


"あっ、それ痛い..."


そんなに強くはやっていないけど...
ツボは間違いなく当たっているという事。


"どうする!?止めとく!?"

"えっ、止めなくていい、そのまま続けて..."


なんて、やっているうちにかなり解れてきた

すると...

"今度はこっちも..."

結局は、ほぼ全身マッサージとなってしまい、
私はもう汗ダクダク状態...(爆

一通り終えると...

"ねぇ、ねぇ、凄いよっ!! あんなにパンパンだったのに..."
"ムゥってすごいマッサージ上手だったんだね!?"
"もっと早くに知っていれば良かった..."


"てかさ...素人の私が少しやった位でこんな効果が出るんだから..."
"プロの人がやったら、もっと効果が出るはずだよ!?"
"日頃の少しのケアが大きな故障を防ぐんだよ!?"
"Vはスポーツ選手じゃないけど..."
"仕事で器具を使ったりして酷使しているのは同じ..."


"でも、ヤダっ!!!"
"他人に触られるのは..."
"今の治療だって相当我慢してやっているんだから..."


まぁ、それは理解出来ないでもない。


待ち合わせの時間までは、まだ1時間弱ほどあった。

すると...

"身体が解れて...少し気分良くなったから..."
"待ち合わせの時間までちょっと寝よう〜♫"


と言ったかと思ったら...
人のベッドで既にスースーと寝息をたてている...


何だか...全くやりたい放題だな...


でも、こんな感じでかなりVがリラックスした状態でいるのは、
かなり私にも慣れてきてくれたって事と理解しても良いのかな!?(笑



多分、日頃から...
故障の影響だけでなく、私達よりもかなり何倍も
緊張したり、気を張って生活しているんだと思う。
それが身体のあちこちの張り方を見てもわかる。


"本当に大変なんだね..."


無垢な寝顔を眺めながら、
Vが抱える大変さの一部を垣間見た気がした。

特別何か楽しい事を一緒にするでもなく、
色々と大変な事もあり、しょっ中頭にくる事もあるけれど...
ほんの一瞬でもVがリラックス出来て、
ビクビクしないでいられる時が持てれば...
それは、それで良い事なのかも知れない。

その一瞬は、そう思ったよね...(爆


身体も解れて、仮眠をとったからか...
寝起きのVは、スッキリした感じで機嫌が良かった。

ちょっとした拍子で数日前の喧嘩の話題が出て来てしまったが...


"以前とは違ってお互いに最悪の事態は防げる術を身につけた..."
"昨年までとはエライ違いだよね...!?"
"これからも何かあっても信頼感を失わずに相談して行こう..."



そう話して閉めた。


Vも一応は大きく頷いていたけれど...
まぁ、これからも色々あるでしょうけどね...(- -;


待ち合わせの時間に皆集まり...


まったりと食事やワインを楽しみ、
Vも会話の流れから外れる事なく...


皆、良い時間を過ごせているのを感じられる。


そして、私自身も...
自分の仕事が上手く行った事を
親しい友人達が共に祝ってくれる事、
これ程嬉しくも有難い事は無い。


食事のメインはそれぞれ好きな物をオーダーしていた。

肉食系の私はまたまたガッツリとステーキを...
Vは、魚料理をオーダーしていた。

ただ、魚料理は...わりとあっさり系なのを知っていたし、
比較的しっかりと食事をするVには少々物足りないと思えた。
それに通常Vはデザートは食べないし...

って、事で、

メインが運ばれて来た時にVが一瞬席を外したので、
運ばれて来た料理の皿の端に私のステーキを半分切って
乗せてステーキカバーをかけておいた。

その様子を見て...

Bが、

"私、Vは気がつかないじゃないかと思う..."

と、ポツリと言った。


決して意地悪とか...
私も変に揶揄うつもりは無かったけど、
確かにVがどう反応するかは興味があった。


席に戻ったVはカバーを外し...


まずは魚を見て、次にステーキの欠片を...
ナイフとフォークで確かめてはいる様だけど、
でも、特に反応はナシ。


やっぱり、気付いていない!?


私も少し可笑しくなってきてしまったが...
それよりも、他の人達がVの皿に注目する様を見て、
ちょっともうそれ以上は...と思い、


"そのステーキ、私のステーキの半分だよっ!!!"

"えっ、ムゥのなの!? 何かと思った..."(笑

Vも笑っていたけど、


Bが、

"いつ気付くかと、皆、興味津々だったのに..."
"Vはなかなか気づかないんだもの..."(爆


"な〜んだ、何だかムゥがやたらと嬉しそうにしているから..."
"何でかな!?と不思議だったけど、そうなのね..."(爆 


こういう所は...
本当に天然で可愛いんだよな...


ん、でも、ここで気づいたのが...


多分、V自身も魚と付け合せの他に別の物が
皿に乗っている事自体はわかったんだと思う。

でも、

"あれ、これ何だろう...!?"

そう思った時に、

"ねぇ、これ何だと思う!?"
"どうしてこれが...!?"


そう周りに聞いてみたりする術を知らないか、
聞くものではないという認識なのかな...!?
それともあまり気にならないか...!?
そこまで気にならないってのが近いかな...!?
で、どうでも良いから流してしまう。

あ、ステーキは絶品だった。
Vもかなり気に入ったみたいだった(笑


そして、デザートの頃になり...


"私は、甘いものは食べないから..."


そう言って、ワインをもう一杯追加して...

それはいつもの事だし、私も他の皆も気にする事も無く...


しかし、それぞれがオーダーしたフルーツやケーキが
運ばれて来た時、ウェターが"ケーキはどちらに!?"と聞いた。
それは、私がオーダーした特製ミルフィーユだったのだけど...

"こっち..."

Vが自分の方を指差して即している...


"えっ!? ケーキ食べるの!?"


"うん..."


あれ、さっきは要らないって言ってなかったっけ!?


周りの皆んなの目も点になっている...


でも、V本人はいたって冷静に...
フォークを持ってミルフィーユを食べ始めた。


仕方なくもう1つ追加オーダーして...
その間にペロッとミルフィーユを平らげたVは、

"あ〜、料理もミルフィーユも本当に美味しかった!!!"


Kが、

"Vが甘い物を食べるなんて珍しいよね...!?"

"普段は滅多に食べないんだけど、ここのは特別〜♫"


その場の雰囲気に流されたんだか...!?
急な心境の変化にかなりビックリした


いや、美味しい物を食べて喜んでくれるんだから、
悪い事など何も無いんだけどね(笑


しかし、"食べない..."と言っておきながら、
いつの間にか短時間での気持ちの変化とか、

"帰る..."と頑なに言い張っているくせして、
いつまでもグスグスしていて帰らないとか...


よく受動型系の人の話に聞く、

"自分自身の感情がタイムリーに分かり辛い"
"自分が本当にどうしたいんだか!?"
"○○だと思い込んでいたがXXだった..."


非常に自分の感情を認知するのが苦手な所がある!?
それも認知の歪みやズレ!?

そういう部分を改めて見た感じがした。


後日、このミルフィーユの話が1つヒントになり、

Bと2人でお茶をしていた時に以前からずっと気になっていた事、

・職場には他の人達もいるから出来るだけ来て欲しくない

そうは言っていても、普段はVが自分から、

"明日は何時に来る!?"

とか聞いて来るくらいだし、
職場に行っても、Vが本当に嫌がっている素振りを
した時を見た事は無い。

"誰か職場の周りで私が行くのをあまり良く思っていない人っている!?"
"えっ、何で!?皆ほとんど知り合いじゃない!?"

"私も空気は読んでいるつもりだし..."
"タイミングもちゃんと見ているはずなんだけどね"
"皆、会うと喜んでくれているみたいだし..."


"えぇーっ、私が知る限りは聞いた事が無いよ!?"
"何でまた急に!?"


"いや...Vがさ..."
"で、私が知らないだけで、誰かに迷惑かけているかと..."


"それはまずないよ..."
"Vだって、今日ムゥが来るんだ〜とか言ってるし..."
"それって、ムゥが連絡入れた時に虫の居所が悪かっただけじゃない!?"
"ムゥがどうのって事じゃなくて...当たられた!?"


"それなら良いんだけど...."
"私は、それ言われた時かなりショックだったから"
"昔から良く知っている所で知り合いも多いけど...."
"Vが気兼ねする程誰かから良く思われていないのかと..."


"それ、この間のミルフィーユみたいなものだよ...きっと..."
"V自身のその時の気分がコロっと変わっちゃうの..."
"あんまり気にしなくても良いと思うよ!?"



これでまた1つ、ずっと気にして悩んでいた事の誤解が解けた。
これまでは、Vが"!?!?"となる様な
発言や行動をした時にも、誰に確認出来るでも無く、
V本人に後で再度確認してみるか...
それでも、こちらが理解出来る様な答えが返って来ない場合も
しばしばあり...後は1人で悶々と悩み続け...みたいな。

いや、世の中って...
自分は何も悪い事をしていなくても、
全ての人が自分に好意的に見てくれているとは限らないのは、
これまでの経験上知っているし...
それでも人をなるべく不快にしない様な心遣いは
かなりしていたつもりだったから、Vに言われた時には
本当にショックだったんで...


でも、Bの話を聞いている以上は、
本当に職場でのVは品行方正というか...
何とか他とも上手くやっていて、
それ程コミュニケーションの問題は表面化していない様だ。

だからこそ、そんなVがLと頻繁に連み出した光景は
多くの人達にもかなり意外に見えたらしい。

あと、

"職場では、結局、仕事上の付き合いだからね..."
"Vがワガママをムゥに言ったりするのは、それだけ親しいからじゃ!?"


そうは言われたけど、
正直、あまり嬉しくはない...(汗
所謂"当たられ役"って事でしょう!?

それがVの親しさの表現法なのかも知れないけど...

なかなかそれには慣れる自信は無いよな...


しかし、色々とVの周りで協力してくれたり、
時にはアドバイスしてくれる存在の見当が少しついた事は、
本当に良かったと思うし、これまでの辛さが少し軽減するかな!?

でも、やはりそれも最終的には私とVの事だから、
話をするのも最小限に留めて、余計な事まで何でもかんでも
自分の苦しさに負けて話すのは止めておこうと...
新たに自分の心の中で決心し直した部分もある。

第3者が介入する事で事態がより複雑化してしまうのも
世の中ではよくある事だし...
例えその人に悪気は無かったとしても、
いつの間にか...って事もあるから。

大切なものを守るには、必要な情報は最小限に開示。

その姿勢は崩さない方が良いと自分は思っている。


かなり長くなってしまったので、また次へ続く


皆さんの感想やアドバイス等、良かったら是非お聞かせ下さい!!!
よろしくお願いします!!!m(_ _)m



*情報交換・交流を広げる為にもブログランキングへワンクリックをお願いします!*
↓   ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

Comment

Secre

プロフィール

ムゥ

Author:ムゥ
自分にとってとても大切な人、友人。知り合った時には気づかなかったけど、彼女は自閉症スペクトラムの傾向が強く...親しくなるにつれて苦悩の日々が続く様に。毎日試行錯誤を続けています。一人で悩むのもかなり辛く色々と情報交換等が出来たら嬉しいです。よろしくお願いします。

*表現・その他に関して細心の注意を払うつもりですが、まだわからない事等も多く至らない点も多いかと思いますが、ご理解頂ければ助かります。

最新記事

最新コメント

✳︎ランキング参加中✳︎

情報交換・交流を広げる為 ワンクリックをお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者

ご訪問中

現在の閲覧者数:

FC2チャット

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
2623位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
416位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

リンク

新着ブログランキング

ランキング2

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。