FC2ブログ

✳︎お願い✳︎

自閉症スペクトラムに関して学び始めてまだ数年しか経っていませんが、 日々色々な発見等があります。記事中には個人的見解も多く含まれ他の方には当てはまらない部分も多いかと思います。しかし、私個人としてはなるべく偏見を持たず大切な友とより良いコミュニケーションを目指しています。 但し、一人で悩み考えているのは時には非常に辛く、同じ経験をされている方、当事者の方達と情報交換等が出来れば嬉しいです。 最近は、残念ながら私自身がカサンドラ症候群の症状に悩み始めています。 記事に対してのコメント(非公開も有り)、メールフォーム等でお気軽に声をかけて頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。*障害等に対する誹謗中傷等、宣伝・勧誘等はご遠慮願います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色々とわからない事はあるけれどね

kk01

GW中に旅行に出る人達も多いと思う。
旅行へ出ると、お土産なども買う機会があるよね...
私の場合は、出張に出た場合は、基本お土産は買わない。
滞在期間中に買い物に出る時間が無いのが第一の理由だけど、
年間通して回数が多いから"キリが無い..."というのもある。




昨年末にVが海外出張に行った際、
画像のキーホルダーをお土産に買って来てくれた。

それを数ヶ月後に私がVの元を訪ねた時に
大事そうに手渡してくれたのをよく覚えている(笑

私的には、「よく覚えていたよな...」と。

なぜなら、こういう小さい物をVはよく失くす。
失くしてなくても、どこにしまったか忘れる事も多いから。

しかし、以前はプレゼントとか、お土産、お菓子など、
何かくれるとしても、V本意の好みからの物が大半だったが、
最近は、こちらの好みも少しは考慮してくれる様になった感じ。
"完璧!"とまでは言わないまでも、色とか...少し考慮してくれて、
だから、もらって嬉しい(笑


ただ、このキーホルダー構造的には壊れやすく実用的ではないので、
自宅のPC近くにぶら下げている。
失くしたら悲しいんでね...(爆


前置きはこの辺にしておいて...


自分の永遠のテーマとなりつつある、


"Vにとって私は一体何!?"


これを考え出すと、ドツボにハマるので、
最近は、あまり考えない様にはなってきてはいるけど(爆


でも、逆の立場、自分の側から見た場合は、
それは、自分の事だからわかるよね...


"Vって、自分にとってはどんな存在!?"
"不本意な事があっても、なぜこうして続けようとしているんだろう!?"



色々と考えてみるのだけど、
やはり、友達であり、兄弟姉妹、子供の様な...
どう考えても"家族に限りなく近い存在"であるのは変わり無い。

というか、それしか思いつかない。

まぁ、無理してカテゴライズにはめ込まなくても良いが...


もしかしたら共依存の相手!?


正直、それは不本意極まりないが...



色々な経緯を経て、自分の感情的なものを見ていても...


自分にも、実際に兄妹等がいるけれど、
もっと子供だったり、若かったりした時を思い出すと、
喧嘩したり、意見の食い違い等の摩擦はあった。
でも、最終的には、

"もう、しょうがないな〜"

ある意味妥協的であったり、
でも、心底憎み合う事も無く、
完璧に自分を貶める事はしない、
そういう安心感や信頼感はどこかにいつでもある。

さすがに大人になって...

特に兄妹達は、それぞれ家庭を持ち、
自分達の生活中心となった事もあり、
兄弟喧嘩なんてのもほぼ皆無に等しいし、
感情的摩擦もほとんど無いと言って良い。

それだけ肉親関係では恵まれていたってのもあるけど、
皆、それぞれの生活で精一杯で余裕が無いってのもあるか...


で、自分が知っている感覚を元に考えると、
やはり、Vに対しては、兄妹とかに持つ感覚が一番近い。


でも、自分がそういう感覚があるから、
ここまで続いているのは疑いの余地は無いと思う。
ただし、それがいつまでも変わらないかどうかは...
いつまでも持続していられるかどうかは...!?

まぁ、でも、仮に疎遠になったとしても、
完璧に自分の方から切ってしまう事は無いんじゃないか
ってのは、今でも変わらない。


で、一番辛いのは...


Vの方はどうなんだかサッパリっていう状況。


通常の他の自分の親しい友達との間で感じられる、


"相手も同じ様に思ってくれているんだな..."


そういう安心感みたいなのが極端に少ないから
ものすごく不安にもなるわけで...


他の方達からは、


"Vは、ムゥの事は好きだと思う"
"ムゥの事を信頼していると思う"



以前、そういった事を言ってもらって、


"えぇ〜っ、どこが...!?"


って、思ったりしてたけど、
でも、最近は、


"やっぱり、そうなのかもな..."


とは、感じられる様になって来た。


それは、


"私が感じたい様な形ではないけれど..."


という事なのだと。


好きなとか、信頼とか、友達とか....
言葉としては同じであったとしても、
意味合いとしては、全く違った性格や感覚なのだろう。


例え話として...


リンゴ。




私の解釈

・リンゴの種類は沢山。赤もあれば黄色、緑、酸っぱい、甘いなど
・リンゴは美味しい
・ジャムやパイなど、応用して作れる
・味付けの隠し味としても使える

考えようによっては、話題はいくらでも広げていける


V的解釈

・好きか嫌いか、食べるか食べないか
・栄養補給


見方によれば、いかに定型側はさまざまな情報が
頭の中で常に行き交っているか...
もしかしたら余計な情報で溢れているとも言える!?


恐らく情報としては、Vも私的解釈を知ってはいると思う。
ただ、その情報が常にいつでも直ぐに出る状況ではない。


最近は、そんな風に理解している。



後は...

よくAS系の人は、実年齢よりも精神的には若めの傾向が強い。
そう当事者の方のブログに書かれてあったけど、
私も感覚的には、Vに対して視覚的状況から、ついつい年齢相応の
感覚で反応してしまいがちであったけど、
最近は...


平均的には、中学生くらいなんじゃないかな...!?


そんな感じがしている。


それは、親戚の中学生、または友人の子供達と話しているのを思い出し、


"あぁ、何となく...似ているかも!?"


一瞬、体格的にも成長して、
会話も結構高度な話も出来るけど、
大人としての全体的なバランスとしては、
アンバランスな部分が多い。


でも、理由や方法を説明すれば、
出来る様になる事も多い。
でも、それをしっかり確立する為には経験値が必要。

それは、自分自身も経験して来て現在に至っているわけで、
何も特別な事ではないのだろうけど、
比較的にVの様なタイプの人達は時間がよりかかるというだけ!?


まぁ、自他共に大人になっても苦手な部分があったり、
なかなか多方面に渡りバランス良くっていうのは、
大人でも難しい所があるし...


"何をもって大人とするか...!?"


ここの部分で色々と線引きとしての意見が分かれるとも思うが...


遠い過去の自分の中学生時代の記憶を思い出すと...

・自分にとって何が本当に大切か!?
・自分が置かれている状況を見極める
・親や親身になってくれる人達への感謝の気持ち
・自分の存在意識

そういったのをしっかり理解出来ていたかと言えば、
何一つ意識出来てはいなかったと思う。

無謀な事もしていたし、
それに失敗も多かった。


Vの場合は、年齢と共に成長した部分と
まだ成長過程にある部分が極端な差としてあり、
まだその辺りをゆっくり歩いているんだろうなって。


それが、スッキリ"ここからここまで..."という形でもなく、
斑な状態であちこちに点在している状態。


知識、経験としてのファイルは出来てきていても、
それを整理出来ていないから、自分でも見分けがつかないし、
必要な時に直ぐに呼び出す事も難しい。
そのうちにメモリーを圧迫し出したり、
断片化したファイルが頭の中で暴走したり...


それは、私にも起こり得る事ではあるけれど、
不具合を起こす頻度が多いという状況!?


話を元に戻すが、
Vに対して"家族に近い存在"として感覚がある事、
それも私が勝手にそう感じているだけなんだろうし...
でも、親しい友人となる人は世の中そうそう沢山はいない。
きっかけは、どちらかがそういう感覚を感じ...
でも、次第にその相手もそれを受け入れ応える様になり、
良い関係、親しい関係が築き上げられる。

私は、これまでこういう感じで友達と親しくなって来た。


"Give & Take"


このバランスが良好な人間関係では、とても大事だと...



今は、Vとの関係性では、


"Give & Give"


と感じてしまう事が多く、
それが非常に苦しく辛いと感じる原因なのだよな。


でも、本当に"Give & Give"をしないといけないか!?


最近は、少し、そうでもないんだよな...
そう思い始めている。


そして、

"これ以上は無理"
"この境界線を越えたら、離れる..."


大まかな自分の許容範囲を自分で決めた。


その境界線を事前にVに話すのは...しない。
余計なネガティブ要素にしかならないから。
もし、その境界線を越えそうな時が来たら話してみる。


ただ、予想するに...


私も、本当に心底"もうダメだ..."

そう思った時には、スパーッと言っちゃうと思う。
それまでは、あれこれ悩むだろうけど...
そのラインがハッキリして来たのは、
自分にとっての目安が出来て本当に良かったと思う。


"何が真実で真実でないか...!?"


とても見え難い状況は相変わらず変わりが無いが...

でも、自分が感じた事が事実である時もあるのかもな...
漠然とでも、そう感じる時がある。


何が言いたいのか意味不明かもしれないけど...(爆


とにかくVが色々と認識したり、パターンとして身につけるのに
時間がかかっていると同様に、
私がそれを全て理解するという事は無かったとしても、
V仕様の対応として、自分なりに考え、受け入れるのも
かなり時間がかかるという事かな。

私がVを家族に近い存在として見て接している事自体、
Vにとっては、本当はどうでも良い事なのかも使れないし、
受動的になっているだけかも知れないが...

定型的な目線で見れば、それで回避される危険も
多少はあるだろうし、Vにとってプラスな事も
少なからずあるだろうっていうのが事実!?

それが無くても生きては行けるだろうけど...


と、あまりにも深く考えると大変なのでこの辺で...(爆

*情報交換・交流を広げる為にもブログランキングへワンクリックをお願いします!*
↓   ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

Comment

自分の存在意義

解ります。「私って何?」と常に思います。基本的に放っておいてほしい。必要なときだけ必要なことをしてほしい。他の人にしてるような会話はせず、一緒に居てもずっと携帯を触ってる。私へのメールには返信しない。何かして実際に役に立ってもお礼は言わない。気に入らなければ文句を言う。会話は一方通行で合わせないと成り立たない。
本当に、私って何?究極に都合の良い相手?(実際にはそうですが)と思うことあります。
でも、それがきっと信頼なのでしょうね。

伽羅様

伽羅さん、コメントをいつもありがとうございます!!

コメント頂いた文を拝読させて頂き...
状況的には、伽羅さんの方が辛いのでは...と。

なぜならば、最近、少しずつですが色々と改善されて
きていると感じられる所もあり、
それは、もちろん、"私から見て..."ですが、
一緒にいる時に携帯ばかりをイジるのも少なくなり、
これも、その時のコンディション次第かと思いますが、
メッセージや着信も極力避ける、どうしても取らないと
いけない場合は、"ゴメン、急ぎの連絡するね..."と
一言も言う様になりました。
基本、お礼も言ってくれるし...
内容に興味があったり、コンディションが良ければ、
冗談にも反応して来ます。
色々とズレる事も多いですが...
それでも、色々と変わって来ていると私は感じます。

ただ、他のブログで書かれていたのは、
"軽度の方がより腹が立つ..."のもあり、
どちらがどっち...とも、言い難いですが...(汗

結局、何となく穏やかに良い感じで流れていても、
何かの拍子でズドーンと落とされるのは、
やはり、同じなのかな...

自分でも勢い良く落ちずに済む様にするしかないですね...

「信頼」これをどう受け止めるか!?

大きな課題の様な気もしています。

いつも本当にありがとうございます。

Vさんのほうが経度かも知れません

パートナーは潔いくらいのレベルです。言うことを受け入れたりする余地はありません。何か注意でもしようものなら逆ギレされるか一方的な被害者として知り合いに言いふらされるのがオチです。昔は(知らない頃は)色々あり、ASを知るより先に「一切の否定、反論はしないのが唯一普通に過ごせる手段だ」という結論に到りました。それは正解でした。感情を抑えたりコントロールするのは本当に大変ですが、下手にトラブってより大きな精神的苦痛を受けるよりずっとましです。全く人のアドバイスや指摘を受け入れないレベルもあります。

一緒に居るときにずっと携帯を触ってるのは相手に失礼だとか不快感を与えるというのは、誰かが指摘されたのでしょうか?もしムゥさんが言われたとしたら、物凄い勇気だと尊敬します。

伽羅様

伽羅さん、こんにちは!

コメントをありがとうございました。
出張でバタバタとしてしまい...
レスが遅くなってしまい、大変失礼致しました。

やはり、個々の特性、状態によって
状況はかなり違ってくる様ですね...

Vの場合は、幸い逆ギレする様な事も無く...
もし、逆ギレが何度もある様なら、
恐らく私は友達でいようとは思う事も無かったと思います。
基本、私達の間で起こった事を他者に話す事もせず、
それは、私も同じですし、
そこの部分は助かっていると思います。
とにかくあまり他人を悪く言う事がありません。

一緒にいる時に携帯ばかり弄っている件に関しては、
まだ私が彼女の特性について知らなかった時に
「一緒にいる時に携帯ばかり見ているのなら、一緒にいる意味が無い...」
と、何度か言った事がありました。
「緊急の連絡の場合は、その旨伝えてからにした方が良い」とも。
しばらくは、ピンと来なかった様ですが...
時を経て理解したのか!?
最近は、電話が鳴っても確認だけとか...
応答しても手短に終えたり、どうしても折り返しを
しないといけない場合は、一言告げてする様になりました。

こちらの感覚的には、かなり時間はかかりますが、
色々と修正しようという気持ちはある様ですし、
その対応力もある程度はある様ですね...
"だからこそ..."未だに友達でいたいと
私自身が思えるのだと思います。

本当にいつも色々と参考になるお話を
して下さりありがとうございます。
今後も色々とお話させて頂ければ嬉しいです。

Secre

プロフィール

ムゥ

Author:ムゥ
自分にとってとても大切な人、友人。知り合った時には気づかなかったけど、彼女は自閉症スペクトラムの傾向が強く...親しくなるにつれて苦悩の日々が続く様に。毎日試行錯誤を続けています。一人で悩むのもかなり辛く色々と情報交換等が出来たら嬉しいです。よろしくお願いします。

*表現・その他に関して細心の注意を払うつもりですが、まだわからない事等も多く至らない点も多いかと思いますが、ご理解頂ければ助かります。

最新記事

最新コメント

✳︎ランキング参加中✳︎

情報交換・交流を広げる為 ワンクリックをお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者

ご訪問中

現在の閲覧者数:

FC2チャット

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
1861位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
286位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

リンク

新着ブログランキング

ランキング2

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。