FC2ブログ

✳︎お願い✳︎

自閉症スペクトラムに関して学び始めてまだ数年しか経っていませんが、 日々色々な発見等があります。記事中には個人的見解も多く含まれ他の方には当てはまらない部分も多いかと思います。しかし、私個人としてはなるべく偏見を持たず大切な友とより良いコミュニケーションを目指しています。 但し、一人で悩み考えているのは時には非常に辛く、同じ経験をされている方、当事者の方達と情報交換等が出来れば嬉しいです。 最近は、残念ながら私自身がカサンドラ症候群の症状に悩み始めています。 記事に対してのコメント(非公開も有り)、メールフォーム等でお気軽に声をかけて頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。*障害等に対する誹謗中傷等、宣伝・勧誘等はご遠慮願います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり、相当距離感に悩む事からは逃れられない...


やはり、あれからかなり悩む事となった。


少しずつ関係性が"良い感じになって来たかも...!?"
感じつつはあったけれど...


"実際は、そんな生易しいものじゃないよ..."

と、突きつけられた気分。


その悩みの原因の前記事から、良かったら読んでみて下さい。
   ↓   ↓   ↓

URL: 困った展開になりそうな予感がしてならない...






別に私が何かしでかした訳でもないし、
自分の失敗、意向から発展した事じゃないから、
Vの事にそんなに介入しない方が良いんじゃないか!?
とも思う部分はあるにはある。


そうやって自ら問題に入り込んでしまう状態、
それが"巻き込み状態"となってしまう。


数日前までは、


"出来るだけ距離を..."


そういう風に新たに考え始めていた矢先...


う〜ん、でも、これは...
スルーしたい気がしても、スルーしない方が良い気がしてならない。


もちろん、こういう状態に他の自分の友達がいた場合は、

"気をつけた方が良いよ...確認をしっかり...そういうの危ないから..."

そう告げて様子を見る程度で、それ以上は介入しないと思う。
そこには介入する必要は無いと判断出来るし、
もし、仮に何かしらのサポートが必要な場合は、
その人からさらに相談なり何なりの連絡があるはずだから...


それに多くの友人、知人達は"相談してみる..."というのを知っているし、
何か胡散臭い状況となれば、私以外にも周りの人達に確認したりする。
もちろん、性格や色々と個人差はあるとしても...


ただ、Vの場合は...
残念ながら他の自分の友達や知人達の場合とは比較対象は出来ないかな。
出来るだけ特別視はしたくないと考えてはいたけど...
でも、"全く同じ対応"にはならないのも確か。


実際にこれまで...ずっと私達が知り合う前から、
Vは、生活していたわけだし...
地元の友達、知人、そして、親・兄弟もいるわけで。


"私は、Vの親でも伴侶でもないのだから..."


と、距離に余裕を持っていた方が良いよなって思っていた。


少し引いた状態でいるのが楽なんだなって、
自分自身でも色々と経験して分かってからは、
距離感を試行錯誤しながらでもキープする様にしていた。


なのに又か...


自分の性質・傾向的な事...
実の所は本当に良く分かっているんだか、いないんだか!?
でも、自分では、私自身、そんなにネガティブな傾向が
著しく強いわけでもないし、すごく心配性過ぎるって
訳ではないと思っている。


基本、他人事には必要以上には介入しないスタンスだし、
それは、自分自身が不必要に他者から自分の事に介入されるのは
好きでないからだけど。


もちろん、対Vに関しては...
自分の関心が他に対するよりも大きい理由から、
色々な事が気になるっていうのはあるだろう。
でも、そこには"気にしない訳には行かない..."
という現実があるから...


良い関係を何とかキープする為には...
残念ながら、他の友人達よりも気をつけていないといけない状況が
ある事を無視は出来ない。
(もちろん、それを自分自身が選択しているわけだけど...)


それでも、"スルー出来る事はなるべくスルーしよう..."
そう考え始めていたのに...


でも、今回のこの一件に関しては...


"スルーしない方が良い..."


もうこれは、予感っていうか...
ある意味、物事に関する嗅覚っていうか、
"危険な事"に対する第六感みたいな...(笑


勘っていうのは、あくまでも"そういう気がする..."
っていうだけで、数字的に実証出来るものではないけど、
それでも、自分なりに色々と社会経験を積んで来て、
その経験自体が、その勘を働かせる武器にもなっているわけで、
実際に現在の自分の仕事でも"危険回避"
"リスクマネージメント"は、非常に重要なスキルである事は確か。

そこで、私の危険回避のアンテナがピンピンと反応して、

"無茶苦茶危険な匂いがプンプン"

しているのであれば...
これをどうスルー出来ようか!?


もちろん、"何があっても、私がVを守る!!!"
なんて事は考えてはいない。
例えそう思ったとしても、そんな事は不可能なのも知っている。


"でも、自分が事情を知った事で1つ危険を回避出来たら...!?"


それがたった1つの事であったとしても、
もしかしたら、次にVが遭遇する何らかの危険までに
何か対処法などを身につけられるかも知れない。


実は、自分だけの思い込み...
やたらと感じる危機感から、判断力が知らず知らずのうちに
鈍ってしまっていたり、冷静な判断が出来ないと困るな...と、
信頼のおける友人に事情を相談してみた。
(日頃からVとの事などを相談出来るリアルでの唯一の存在)


"今回ばかりは...私も嫌な予感がして仕方が無い..."
"やはり、何らかの方法で話してみたりした方が良いのでは!?"
"そんなにムゥが危険を感じているのは余程の事だと思うし..."
"自分の勘を信じても良いと思うよ"
"話の状況としては、一般的には不自然なのだし..."
"不安な事を確認する事は悪い事じゃないしね"
"確認だけは直ぐにした方が良いと私は思うよ..."



もちろん、友人1人だけの意見だし、
それが必ずしも全面的に正しいとは言い切れない。
ただ、いつも冷静に色々と助言してくれる友人が
"今回は早めに対処してあげておいた方が良さそう"
と言うのは、
やはりそれだけ"何かが変、腑に落ちない"所があるからだろう。


とにかく危険を感じている以上は...
その危険を感じている元の情報を得るだけでもした方が良いと思う。


そこで私が今しようと思っているのは、

"Vに連絡をして来た人の調査"

1. その人物の所属の会社、団体、役職等
2. その会社・団体及びその人物が実在しているかどうか


まずは、その人物の氏名、会社・団体、又は連絡先を
Vから聞き出す事が必要になってくるけれど、
理由をきちんと丁寧に説明すれば、
時間はかかるかも知れないけど可能だと思う。
その裏づけが出来る事でVにとってマイナス要素は全く無いのだから。


連絡先等がわかった段階で、


3. Vの代理人として、その人物に連絡を入れる。


後は相手からの返答次第で状況はある程度掴める。
"代理人として"に関しては、
本当に書類として、私とVの間で存在するし... 
っていうか、本来、"こういう時の為に"書類にしておいた。
まだ、V自身がしっかり把握、理解していないんだよな。
でも、事前に書類化しておいて良かった...


とにかく一番重要なのは、"その人物の素性を確認する事"


相手の素性が確認出来たら、ひとまず安心。
そこから先の交渉は...
Vが自分でやりたいと言えば、

"自分で最後まで責任持って交渉出来る自信があれば、やってみたら!?"
"但し、途中で後始末的にこちらに振って来るのは無しね..."



まぁ、この1,2,3の作業は、日頃の自分の仕事でも
似た様な事はやっているのでノウハウはある程度ある。
何かを照会する際には、自分のこれまで築いて来たネットワークも
使えると思うし...


しかし、何だか...私立探偵みたいな...(爆


そして、一応"プランB"として...
何らかの事情でVがごねたりし始めた場合に備えて、
Vの地元の周辺で相談出来る人を思いついた。


Vの師匠にあたる人物。
この先生は、実は私はVと知り合いになるうんと以前から知り合い。
特別親しくしていた訳ではないが、
その先生の弟子であるVと仲良くなってからは、
旧知であった事もあり、会えばよく話をしてくれる様になった。
恐らくこの先生を頼るのが一番無難だと思える。


その他のVのママや友達と称する人達、直属の上司は、
残念ながら事態が複雑化するか、何も動いてくれない可能性大。
実際に過去の状況から、Vが離婚調停に出向く際、
親でさえも、調停に同行せず、弁護士も付けず...
結果、Vの財産のほぼ全てを相手に奪われる結果を招いている。
何か他にちょっとした問題が生じても、

"それはVの問題だから..."

とか、

"Vがそうしたいと考えているのだから..."


確かにその家庭の方針や家族関係があるから、
それを尊重するべきだとは思う。
でも、それにも限度ってものがあるんじゃ!?


まぁ、離婚の話の前に結婚する時に
相手の評判とかから、人物鑑定が出来なくて、
助言や阻止出来なかったという経緯もあるわけだし。


その師匠と以前話をした時に、


"Vが離婚して不謹慎かも知れないけど、本当に良かった..."
"始め結婚するって聞いた時は、自分の耳を疑った位"
"彼の評判は本当に良くなかったから、とても心配だったのよ"
"でも、Vにはちゃんとご両親がいるから余計な口出しは出来なくて..."



ようやく離婚が成立した時に最初に助言出来なかった事を
先生はとても悔いている様だった。


"Vがムゥちゃんと仲良くしていて本当に良かったわ!!"
"Vは、本当に優しくて良い子だから色々と助けてあげてね..."


いや、この先生の言葉を受けて、
張り切っちゃっている訳ではないですよ!?(爆


ただ、今回このやり取りを思い出して、
プランBで相談するなら、この先生が良いだろうな...と。


実際問題として、Vの両親は共にエンジニア系の研究職。
不特定多数の人達と常日頃から交渉するという状況下にはいない。
そして、Vの仕事からもかなり遠い。
友達や同僚も少しは協力はしてくれるかも知れないけど、
そこまで真剣に対応してくれるとは思えない。
っていうか、私自身が細かく事情をその人達に説明するのが面倒。


そして、V自身がそれを良くは思わないのを知っているから。


だから、このプランBは、最後の最後の切り札として。


例えば、先生に相談したとしても、
必然的にその件を私が話した事はVもわかるだろう。
それをVが知ったら...
最悪は、私はVからの信頼を完璧に失う可能性もある。
事情云々ではなく、恐らくそこまで考えは掘り下げられない。

"Vの事を第三者に話してしまった..."
"その相手から叱られた"


だから、プランBは、かなりのリスクを伴うし、
それをするにはかなりの覚悟が要る。


まぁ、それでも危険を避けないといけない場合って事か...


正直...


この一連で手間を取られるくらいなら、
最終段階に入っている共同作業の方に時間を充てたい。


でも、Vとこれからも関係を続けて行くという事は、
いつもこういった危険性と背中合わせって事なのかな!?


しかし、いつまでも嘆いていても仕方が無い。
とにかくVに問い合わせをする準備に取り掛かろう。


Vに連絡して来た相手がきちんとしている人物なら、
こちらからの問い合わせには、しっかりと対応してくる。
そうでなければ...

とにかく"Vには代理人がいる..."
という気配を見せるだけでも多少のシールド効果はあると思う。



しかし、こういう展開になってしまうのは...
自分の性分的なものも大きく関わっているんだろうな。


[追記] 
通常ならば、最初の対応と連動させて"プランB"という流れの方が
良いとは思うのだけど、V関連に関しては、
敢えて切り離して考える事にした。
状況的には実際には"Vを非難している訳では無い"が、
V自身の日頃の様子から考慮すると、そこで新たな誤解が
生じてしまうリスクが考えられたから。
何れにしても、相手の素性がわかる、或いは反応で
ある程度は状況は明らかになり、リスク回避に繋がると
考えている状況。




*情報交換・交流を広げる為にもブログランキングへワンクリックをお願いします!*
↓   ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ
スポンサーサイト

テーマ : アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム
ジャンル : 心と身体

Comment

結局、後々大変なのです

普通なら、大人だし自己責任、になるのですが、一緒に作業してたり、後々面倒なことになりそうだったり、結局のところ本人だけの問題ではないのですよね。ただ、それ自体、自覚がないのが問題です。事の重大さを把握してなかったり、客観視できなかったり、指摘を受け入れられなかったり。
上がったり突き落とされたり、本当に不安定な状態が続きます。
精神的に、大丈夫ですか?私も何となく沈んでいます。

伽羅様

伽羅さん、こんばんは!

コメントをありがとうございました。

伽羅さんも、相当お疲れの様ですが大丈夫ですか!?
くれぐれもご自愛して下さいね。

結局は、SNSや職場で軽く関わっている以外で、
共同作業など色々と関わるとなると...
「必然的にこういうリスクも伴う」という事なのですかね...
既に頭の中では、わかっていたつもりでも、
"次から次へと..."という状態に焦燥感は否めません。
反対に微かながらも好転して来ている部分も
あるにはあるのですが...

自覚がし難いとか、物事を客観視するのが苦手...

"そこを上手く調整しながら..."

とか、

"今回はスルーして..."とか、"失敗してもしょうがない"

それで済む様な事なら、まだ良いのですが、
今回ばかりは、そんな事はいっていられない状況。
昨今、本当に物騒なトラブルや事件も起こっていますし...

正直言ってしまえば、
"そんな危うい話には、一切関わり合いたくない..."と、
話題にする事すらしないと思いますし、
そういう状況の近くにいる人にも近寄りません。

日頃から、自分が一番避けたい、回避していた状況に
足を踏み入れる事....
お察しの通り、かなりキツいな...と感じています。

しかし、それをただ傍観していたとしても、
現状として存在する危険性回避には繋がらないので、
まずは、Vに問い合わせをする事から始めようと思っています。

伽羅さんも色々と大変そうですが、
少しでも楽しい事や寛げる時間をお過ごし下さい。
又、差し出がましい様ですが、
もし、宜しければこちらのコメント欄には、
非公開コメントもありますし、
別枠にメールフォーム等もありますので、
お話をうかがう位しか出来ませんが、
宜しければお声をおかけ下さい。

それでは、今後ともよろしくお願いします。

ありがとうございます

いつものことなので昔に比べたらダメージは少ないですが、たまに疲れます。
特性的に、本人は自分が不完全な人間だというのを自覚していないので、いくら危険でも疑いません。後で後悔しても懲りません。自分は人を見る目があると信じて疑いませんが、実際は全くなく、誰が見ても怪しい人物にも気付きません。
大切にするべき人達をないがしろにし、全くどうでもいい人達に時間を割き、更に怪しむべき人、信頼すべき人の区別がつきません。
周りから見ると分かってるようでも実際は分かってなかったり。
何か色々ズレすぎて、特に大きな事件や問題がないとしても、蓄積した疲労は確実にあります。これは完全にカサンドラですね(笑)

伽羅様

伽羅さん、こんにちは!

続けてのコメントをありがとうございました。

どんなに慣れて来ても、状況とか色々理解出来る様になっても、
根本的にどうしても埋められないズレ...
そこから疲れてしまうのですね。
もちろん、こちらが疲れていると同時に相手も
困惑したり、疲れたりっていうのもあると思いますが。

やはり、個人差はある様で、
Vの場合は、
"自分は完璧ではない..."と思っている様で、
それを言葉にもする事があります。

"ならば、少し気をつけた方が良いよ..."
と思うのですが、そこが難しいのでしょうね!?
恐らく、本人も気をつけたいとは思っている様にも見えます。
でも、ふとした瞬間に注意が行き届かない、
うっかり忘れてしまったり...
または、その瞬間の問題点に気づかないとか。

一番心配なのは...
やはり、まだ若いですし、女性なので...
何だか頼まれてもいない所で老婆心を
勝手に私の方で持っているだけなのかも知れませんが、
正直、気が気でない感覚は隠せません。

こうして伽羅さんとこちらでお話して頂ける事で
かろうじて平静を保っていられるというのが実情です。

"慣れるしかない"
"そういうものとして受け入れるしか..."

頭ではわかって来てはいても、
なかなか自分の中でバランスを取るのは
本当に難しいですね...

いつも本当にありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

自覚について

そうです、「完璧ではない」と口では言います。色々抜けてるとか欠陥だらけだとか。しかし、それは定型の視点とは違うのです。
「いま」自分は間違っているかも、ということは気付きません。指摘されても難しいです。
他者から見ると矛盾に思えますが、幾つかのブログや掲示板で何となくメカニズムは分かります。
「自分は不完全だ、人を見分けられない」と仮に自覚したとしても、では「いま目の前に居る人は怪しくないか?」という疑問には結び付きません。
極端な話、詐欺についての講演を受けた帰りに詐欺に遭うようなものです。
近くに居ないのなら、連絡係のような人をキープするか、定期的にTV電話で連絡を取るかしたほうが良さそうですね。

伽羅様

伽羅さん、こんにちは!

再度コメントをありがとうございました。

ここら辺の特性的なものを見ると...

"1度に2つ以上の事をするのが苦手"
"想像、推測するのが難しい"

などの特性が複合的に織り混ざって出ている様で、

「XXで△△だから、○○をすれば良い...」

という様な単純な対応や解決策は出て来ないのかも知れませんね...

>極端な話、詐欺についての講演を受けた帰りに詐欺に遭うようなものです。

時には、しばらく詐欺に遭った事にも自覚出来ないでいる...
そして、友達や周りから"それって詐欺だよ!"と言われ気づくとか。
仮に"何かちょっと変だな..."と感じたとしても、
「そこで騙されている!?」という考えには繋がりにくい!?

それも、ある一件では経験を積み、パターンとして対応出来る様に
なっても、また別の機会では、その応用が利く時と
そうでない時がある様な感じですかね!?

う〜ん、なかなか難しいですね...

しかし、今回のこの一件では幸い何とか最悪の状況は
避けられつつある様な展開となって来ました。
そちらの方も記事としてアップしましたので、
もし、宜しければ一読して頂き、コメント等でお話して
頂ければ嬉しいです。

本当にいつもありがとうございます。
Secre

プロフィール

ムゥ

Author:ムゥ
自分にとってとても大切な人、友人。知り合った時には気づかなかったけど、彼女は自閉症スペクトラムの傾向が強く...親しくなるにつれて苦悩の日々が続く様に。毎日試行錯誤を続けています。一人で悩むのもかなり辛く色々と情報交換等が出来たら嬉しいです。よろしくお願いします。

*表現・その他に関して細心の注意を払うつもりですが、まだわからない事等も多く至らない点も多いかと思いますが、ご理解頂ければ助かります。

最新記事

最新コメント

✳︎ランキング参加中✳︎

情報交換・交流を広げる為 ワンクリックをお願いします!

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ご訪問者

ご訪問中

現在の閲覧者数:

FC2チャット

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
2623位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
416位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

リンク

新着ブログランキング

ランキング2

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。